旭区版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

竜泉寺の湯 災害時に温泉水など提供 旭消防署と覚書締結

社会

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena
覚書を持つ古屋署長(左)と松永副社長
覚書を持つ古屋署長(左)と松永副社長

 温浴施設「横濱スパヒルズ 竜泉寺の湯」=白根=を運営するオークランド観光開発株式会社と旭消防署は12月2日、「大規模地震発生時等における施設使用に関する覚書」を結んだ。災害時に同施設が同署に消火用水などを提供し、地域の安全確保に努めていく。

 今回の覚書は旭区内での震度5強以上の地震や、同施設の周辺で大規模断水などの災害が発生したことを想定し、地域の安全確保に向けて締結された。災害発生時に同施設が同署に対して温泉水などを消火用水として、また消防活動に必要な場所を提供することを定めている。

 同施設で2日に行われた締結式には、同署の古屋明弘署長と同社の松永哲明副社長が出席。地域住民や施設職員が立ち合い、両者が覚書に署名した。

同社で初

 同施設は昨年、地域の「いっとき避難場所」として近隣自治会とも協定を締結。施設職員が2011年に同社の別施設で東日本大震災を経験したことを踏まえ、施設として防災面での地域貢献を模索してきた中で今回の覚書締結に至った。

 同社は現在、「竜泉寺の湯」を神奈川県をはじめ全国7カ所で運営しているが、施設が消防署と覚書を結ぶのは初めて。松永副社長は締結に際して「災害時に少しでも地域の方々のお役に立ち、愛される施設にできれば」とあいさつ。古屋署長は「大量の水を使わせていただけるのはありがたい。今後も施設、地域、署が三位一体となって災害に立ち向かっていきたい」と話した。

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

新たな拠点で活動推進

旭保護司会

新たな拠点で活動推進 社会

柏町にサポートセンター

1月14日号

3件増も少なめで推移

旭区内火災件数

3件増も少なめで推移 社会

原因最多は放火の11件

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

「安全安心の五輪やりきる」 政治

黒岩知事 インタビュー

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

アナウンス部門で最優秀

今宿中岩崎さん

アナウンス部門で最優秀 教育

県放送コンテストで

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク