神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2021年3月11日 エリアトップへ

F・マリノス ホーム開幕戦はドロー 追いつくも初勝利ならず

スポーツ

公開:2021年3月11日

  • LINE
  • hatena
同点ゴールを決める前田選手(右端)
同点ゴールを決める前田選手(右端)

 3月7日に行われた2021年明治安田生命J1リーグ第2節。2季ぶりの優勝を目指す横浜F・マリノスは、日産スタジアム=港北区=でサンフレッチェ広島と対戦。今季ホーム開幕戦は、打ち合いの末3対3の引き分けだった。

 開幕節で昨シーズンの王者・川崎フロンターレに敗れたF・マリノス。リーグ戦初白星を目指して挑んだが、13分と27分に2失点を喫する苦しい出だしとなった。34分、FW前田大然選手が相手選手と競り合い体勢を崩しながらもゴールに流し込み1点差に。チームにとってリーグ戦初ゴールとなった。しかし、前半終了間際にPKから得点を許し、2点ビハインドで折り返す。

 巻き返しを期して臨んだ後半は、54分にFWオナイウ阿道選手が左足を振り抜くと相手GKに弾かれながらもゴールイン。さらに67分には、左サイドからMF渡辺皓太選手がクロスを上げると、飛び込んだのは前田選手。豪快なヘディングを決めて同点に追いついた。その後も懸命にゴールを目指したが初勝利はお預けとなった。

 ホーム開幕戦となったこの日の日産スタジアムには、上限の5千人に迫る4906人が来場。声援が禁止される中、太鼓と手拍子で選手たちにエールを送っていた。

 1分け1敗で暫定14位のF・マリノス(3月7日時点)。次回のホーム戦は3月14日(日)、浦和レッズと対戦する。

旭区・瀬谷区版のローカルニュース最新6

横浜市旭区白根の知的障害者を総合的に支援する社会福祉法人白根学園園庭で夏祭り

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

火災警報器未設置のケースも

7月19日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

気軽にジャズを楽しんで

第2回横濱瀬谷ミュージックスクエア

気軽にジャズを楽しんで

瀬谷公会堂で7月20日に

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

「転ばぬ先の杖」で健康に

「転ばぬ先の杖」で健康に

旭区医師会 岡田孝弘会長

7月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook