旭区版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

旭区民文化センター「サンハート」の館長に就任した 和田 敏明さん 二俣川在勤 60歳

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena

懐かしの地で新たな挑戦

 ○…区民文化センター「サンハート」の館長に4月1日付で就任した。同館の指定管理者である広告代理店「横浜メディアアド」で長年営業職を務め、イベント企画運営などを担当してきた経歴を持つ。「文化振興に携わるのは今回が初めて。館長の職務は分からないことだらけだが、焦らず慌てずに取り組みたい」と意欲を見せる。社会人になり初めて配属された場所が旭・瀬谷エリア。当時の面影を残す旭区に親しみと郷愁を覚える。

 ○…自由度の高い仕事に惹かれて広告業界へ。旭広告社に入社後、出向を経て、36歳で相鉄エージェンシー(現・横浜メディアアド)に転職した。会社員人生で印象に残るのは29歳の時に経験した横浜博覧会。「コカ・コーラいん石館の準備から本番まで携わり、1週間で数時間の睡眠しか取れない」多忙さの中で日々改善策を練り続けた。また、宮家が総裁を務めるパシフィコ横浜の国際会議も思い出深く、「事務局として三笠宮寛仁親王のご自宅で打合せをしたり、食事を振舞われたり」と、またとない機会を得たことも。

 ○…小田原出身。わんぱくな少年で、虫取りや魚釣り、田んぼの中で野球と外遊びを謳歌した。中学では友人とラグビー部を創設。個人の能力を高めつつチームで結束する精神に魅了され、高校まで続けた。「当時は弱体運動部だったが、今では『花園』に幾度も出場するほど成長し嬉しい」と母校愛を熱く語る。

 ○…スポーツ好きは今なお健在で、会社仲間とゴルフコースをまわるのが趣味。月数回ラウンドを楽しんでおり、ハンディキャップが一桁の上級者であるシングルプレーヤーになるのが夢。「今まで忙しく生きてきたけど、これからは程よく力を抜きながらゆっくりと人生を歩みたい」

旭区版の人物風土記最新6

丹野 康佑さん

認知症サポーター養成講座のボランティア講師団体「旭区ひまわりの会」の代表になった

丹野 康佑さん

南希望が丘在住 80歳

5月7日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

島貫 芳明さん

「大人の塗り絵コンテスト 懐かしいおもちゃ編」で入選を果たした

島貫 芳明さん

若葉台在住 103歳

4月15日号

和田 敏明さん

旭区民文化センター「サンハート」の館長に就任した

和田 敏明さん

二俣川在勤 60歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

3月25日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter