旭区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

日本高校野球連盟の2020年度「育成功労賞」に選ばれた 金沢 哲男さん 横浜商科大学高校在勤 63歳

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena

日々の積み重ね、結果に

 ○…横浜スタジアムで表彰を受けると野球指導に力を注いだ32年の時間が実感に変わった。高校で野球ができるのは2年半だが、人生はその先も続く。「我慢できる人間を育てたい」。厳しい指導に強い思いを込めた。

 ○…小学3年から野球をはじめ、鎌倉学園中・高、早稲田大、東芝でプレー。人格者だったという高校時代の監督に憧れ、指導者を志した。そんな思いを知り商大高と縁をつないでくれたのもその監督。実は大学の先輩の勧めで受けたプロ野球の入団テストにも合格していたと明かすが、「監督の言うことは絶対ですから。『はい』しか言えなかった」と笑う。

 ○…「マイナスからのスタートだった」。2003年が一番印象に残る。前年の秋季県大会は横浜高を相手に初戦コールド負け。厳しい練習に実力が伴わず、ある日、部員全員が練習をボイコットした。一人ひとりの言い分を聞き、部員たちで練習メニューを作ることで納得して活動を再開したものの「楽な練習ばかり」。当然、結果はついてこなかった。変わったのはその後だ。主将から「指導を厳しくしてほしい」と申し出があり、グラウンドには夜遅くまで自主練習をする部員たちの姿があった。その夏、同校は3度目となる甲子園出場を決めた。「1+1が2にならないチームもある中で、4にも5にもなった。積み重ねが結果につながることを教えてくれた」

 ○…3人の娘を育てた。帰宅が遅く朝早くにでかけるため、「家での発言権や威厳はありませんでした」と苦笑い。新型コロナの影響で学生も我慢が続くが「窮屈な中でいかにこなすか。与えられた環境でベストを尽くしてほしい」。現在は生活指導部長、世界史教諭として教壇に立ち生徒を温かく見守っている。

旭区版の人物風土記最新6

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

岩崎 泉さん

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長

岩崎 泉さん

上白根在住 64歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook