瀬谷区版 掲載号:2013年2月7日号
  • googleplus
  • LINE

ロバート・キャパの軌跡 横浜美術館で企画展

ゲルダ・タロー 《ロバート・キャパ、セゴビア戦線》1937年ゼラチン・シルバー・プリント、ICP蔵、© ICP(上)撮影者不詳《ゲルダ・タロー、グアダラハラ戦線》1937年7月ゼラチン・シルバー・プリント、ICP蔵、© ICP(右)
ゲルダ・タロー 《ロバート・キャパ、セゴビア戦線》1937年ゼラチン・シルバー・プリント、ICP蔵、© ICP(上)撮影者不詳《ゲルダ・タロー、グアダラハラ戦線》1937年7月ゼラチン・シルバー・プリント、ICP蔵、© ICP(右)

 世界的な報道写真家「ロバート・キャパ」に迫る企画展「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」が、横浜美術館で1月26日から開催されている。

 世界各地の戦争や人々の暮らしを写し続けた「キャパ」は、1936年にアンドレ・フリードマンとゲルダ・タローの2人によって創られた架空の写真家だったという事実はあまり知られていない。後にフリードマンが「キャパ」に取って代わったが、タローの存在はその後もフリードマンに大きな影響を及ぼしたという。

 今展覧会では、5つの戦場を取材したキャパの本格的デビュー作やスペイン内戦の際の「崩れ落ちる兵士」等を展示。26歳でこの世を去ったタローの作品83点を含む約300点の写真作品と関連資料によって、2人の軌跡を辿る。主催は「日本初公開のタローの写真は貴重な作品ばかり。2人の共通点や個性を見出して頂ければ」と話している。

 会期は3月24日まで。観覧料(当日)は一般1100円、大学・高校生700円、中学生400円、小学生以下無料。午前10時から午後6時(最終入場午後5時30分・木曜休館)。詳細は同美術館HPhttp://www.yaf.or.jp/yma/又は045・221・0300。
 

皆さんご参加ください。

瀬谷区には153の自治会・町内会があります。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク