瀬谷区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • スーパーで初の弁当販売

    区商連デリバリー

    スーパーで初の弁当販売 社会

    飲食店と区民の懸け橋に

     瀬谷区内の企業や店舗向けに、飲食店の弁当をデリバリーする「せーやーいーつ」が1月18日、ロピア瀬谷橋戸店で弁当販売を開始した。区内スーパーでの弁当販...(続きを読む)

    1月21日号

  • 市内に特設交付拠点

    マイナンバーカード

    市内に特設交付拠点 社会

    市、21年度に向け検討

     国が2022年度末までにほぼ全ての国民に行き渡らせようとしているマイナンバーカード※について、横浜市は21年度以降、交付を担う拠点を市内4カ所に設け...(続きを読む)

    1月21日号

  • 前年から半減

    特殊詐欺20年認知件数

    前年から半減 社会

    被害額は3分の1に

     2020年の瀬谷警察署管内の特殊詐欺の認知件数が33件、被害額が約4397万円だったことが分かった。過去最多だった19年から被害件数・金額ともに半分以下となり...(続きを読む)

    1月14日号

  • 市、15日に受付窓口開設

    障害者手帳カード化導入

    市、15日に受付窓口開設 社会

    選択制、耐久性など向上へ

     横浜市では今年上半期中に障害者手帳をカード化※するため、1月15日に専用のコールセンターや郵送での受付窓口を開設する。市ではカード化により現状の手帳...(続きを読む)

    1月14日号

  • 「明るい希望持てる年に」

    森区長インタビュー

    「明るい希望持てる年に」 社会

    21年の取り組み語る

     タウンニュースでは新しい1年の始まりに合わせて、瀬谷区の森秀毅区長に新春インタビューを行った。森区長は、新型コロナウイルス感染症への対策から瀬谷駅南...(続きを読む)

    1月7日号

  • 児童にビデオで感謝伝え

    瀬谷さくら小学援隊

    児童にビデオで感謝伝え コミュニティ社会

    手品や演奏を披露

     瀬谷さくら小学校(池田千晶校長)の児童の登下校を見守る地域住民グループ「学援隊」(馬場勝己代表)が12月17日から1月にかけて、手品やハンドベル演奏...(続きを読む)

    1月7日号

  • 「スマート農業」を体験

    自動追従のロボットを活用

    「スマート農業」を体験 社会

    上瀬谷地区の農家ら

     跡地利用の検討が進む旧上瀬谷通信施設の畑で12月16日、AIやICT(情報通信技術)を活かした「スマート農業」の活用体験会が開催された。同地区の農家...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「コロナ対策、最優先に」

    林市長インタビュー

    「コロナ対策、最優先に」 社会

    IR誘致は継続へ

     本紙では新年の幕開けにあたり、林文子市長にインタビューを行った。市長は新型コロナウイルス感染症対策に最優先に取り組む姿勢をみせつつ、横浜の成長を見据え市民、事...(続きを読む)

    1月1日号

  • 大槌町の鮭で児童に笑顔

    NPO法人瀬谷丸

    大槌町の鮭で児童に笑顔 社会

    小学校の給食に600食贈る

     東日本大震災で被災した人や地域に対して復興支援を続けるNPO法人瀬谷丸(露木晴雄代表)が12月10日、被災地の一つである岩手県大槌町で獲れた鮭600...(続きを読む)

    12月24日号

  • ドクターカーの導入進む

    救急医療

    ドクターカーの導入進む 社会

    高齢化で需要増加

     119番通報を受け、救急現場に医師や看護師を派遣する「ドクターカー」の配備が横浜市内で進んでいる。3年前に導入した横浜医療センター=戸塚区=や市民総合医療セン...(続きを読む)

    12月24日号

  • 13品、8店舗を追加認定

    瀬谷の逸品

    13品、8店舗を追加認定 経済

    7年ぶりの更新

     魅力的な食べ物や飲食店が選ばれる「瀬谷の逸品」に、新たに13品・8店舗が認定された。2013年度以来7年ぶりの追加で、12月9日に瀬谷区役所で認定式...(続きを読む)

    12月17日号

  • 住民の健康法、一冊に

    瀬谷第一地区

    住民の健康法、一冊に 社会

    30代から100歳超まで網羅

     瀬谷第一地区連合町内会や地区社会福祉協議会などで構成されている瀬谷第一地区健康推進委員会(横山正之委員長)がこのほど、住民77人のオリジナルの健康法をまとめた...(続きを読む)

    12月10日号

  • 地方自治に貢献し叙勲

    網代さん(北新)

    地方自治に貢献し叙勲 社会

    区役所で伝達式

     秋の叙勲で旭日単光章(地方自治功労)を受章した網代宗四郎さん(76/北新)に対する伝達式が今月4日、瀬谷区役所で開かれた。30年の自治会活動などが認められたも...(続きを読む)

    12月10日号

  • 小菊盆栽で県知事賞

    瀬谷菊友会足立武夫さん

    小菊盆栽で県知事賞 文化

    天候不順に負けず制作

     瀬谷菊友会の足立武夫さん(83・旭区)の手がけた小菊盆栽・石付三幹(いしづけさんかん)が、菊づくりの愛好家が技術を競う県菊花大会で県知事賞を受賞。天候不順で思...(続きを読む)

    12月3日号

  • ピーク時の5分の1に

    喫煙禁止地区過料処分

    ピーク時の5分の1に 社会

    マナー向上は依然課題

     横浜市は街の美化や危険防止の観点から、人通りの多い場所や繁華街など8地区を喫煙禁止地区に指定し、違反者には2千円の過料徴収を行うなど分煙環境の維持に努めてきた...(続きを読む)

    12月3日号

  • ボラだより、創刊100号

    ボラだより、創刊100号 社会

    支援の架け橋担い16年超

     瀬谷区社会福祉協議会のボランティアセンターが隔月発行する「ボラだより」がこのほど100号を迎えた。募集や講座案内、活動紹介が盛り込まれ、ボランティアをしたい人...(続きを読む)

    11月26日号

  • 創立130年をお祝い

    瀬谷小

    創立130年をお祝い 社会

    児童中心に企画進め

     瀬谷小学校(倉岡ナオミ校長)が11月15日に創立130年を迎え、記念Tシャツを着用した児童約640人が13日にお祝いした。6年生や5年生が所属する運営委員会や...(続きを読む)

    11月26日号

  • 学校合奏コンで全国銀

    南瀬谷中吹奏楽部

    学校合奏コンで全国銀 文化

    3チームそろい踏み

     南瀬谷中学校吹奏楽部がこのほど、「日本学校合奏コンクール2020」のグランドコンテストとソロ&アンサンブルコンテストの全国大会に出場し、3チームが銀...(続きを読む)

    11月19日号

  • 防護服500着を寄附

    (株)竹虎(卸本町)

    防護服500着を寄附 社会

    救急隊員のコロナ対策に

     新型コロナウイルス対策の一環として瀬谷区に本社がある株式会社竹虎(飯島幹夫代表取締役社長)が、横浜市消防局(松原正之局長)に防護服500着を寄附した。11月1...(続きを読む)

    11月19日号

  • 「別れ」支える冊子発行

    介護者支援団体

    「別れ」支える冊子発行 社会

    遺族向けに作成

     瀬谷区の医療・介護福祉事業所や在宅医療相談室など12団体で構成されている介護者支援団体「あく手の会」が、大切な人を亡くした人に向けてオリジナル冊子を作成・編集...(続きを読む)

    11月12日号

  • 全国推進組織が発足

    全国推進組織が発足 社会

    27年の国際園芸博に向け

     2027年に旧上瀬谷通信施設で計画されている国際園芸博覧会を成功させようと、全国的な組織の「2027 国際園芸博覧会推進委員会」が11月6日に設立された。今後...(続きを読む)

    11月12日号

  • 瀬谷ゆかり2投手に指名

    瀬谷ゆかり2投手に指名 スポーツ

    プロ野球ドラフト会議

     プロ野球ドラフト会議が10月26日にあり、瀬谷リトル・シニア野球協会出身の藤井聖(まさる)投手(24歳/ENEOS)が東北楽天ゴールデンイーグルスから3位で指...(続きを読む)

    11月5日号

  • 事業のオンライン化推進

    市内ケアプラ等

    事業のオンライン化推進 社会

    全館にWi−Fi整備へ

     コロナ禍で地域の福祉活動が制限される中、市は地域ケアプラザ等の事業のオンライン化を進めていく方針だ。そのためのICT環境整備として、市内ケアプラザ140カ所と...(続きを読む)

    11月5日号

  • 生まれ変わり10周年

    瀬谷公会堂

    生まれ変わり10周年 社会

    利用者の満足度向上図る

     区民の芸術文化行事や講演会など様々な催しが開かれている「瀬谷公会堂」が11月1日、リニューアル10周年を迎える。運営業務責任者の車秀徳さんは「利用者により満足...(続きを読む)

    10月29日号

  • 区推進協議会が発足

    国際園芸博覧会

    区推進協議会が発足 社会

    成功へ気運醸成図る

     旧上瀬谷通信施設(瀬谷区、旭区)で2027年に計画されている「国際園芸博覧会」に向けて、区内の各種団体や組織による「横浜国際園芸博覧会瀬谷区推進協議...(続きを読む)

    10月29日号

  • 外国人の相談窓口開設

    横浜市居住支援協議会

    外国人の相談窓口開設 社会

    国の人手不足対策と連動

     横浜市と不動産関係団体などで構成される「横浜市居住支援協議会」が10月1日、外国人世帯に対する住まいの無料相談窓口を初めて開設した。外国人人口が増加する中...(続きを読む)

    10月22日号

  • 30年以上無事故で表彰

    平野靜男さん(南台在住)

    30年以上無事故で表彰 社会

    「絶対に急がない」運転を

     瀬谷交通安全協会に所属する平野靜男さん(南台/81)がこのほど、30年以上無事故の優良運転者として関東管区警察局長・関東交通安全協会連合会会長連名表彰を受賞し...(続きを読む)

    10月22日号

  • 地域クイズを独自発行

    瀬谷第一地区連合町内会

    地域クイズを独自発行 コミュニティ社会

    コロナ禍の交流に一役

     瀬谷第一地区連合町内会(横山正之会長)が10月10日、瀬谷区や同地区について知ってもらおうと広報誌「瀬谷第一地区クイズ選手権大会号」を発行した。イン...(続きを読む)

    10月15日号

  • 漫才と歌で詐欺撃退

    漫才と歌で詐欺撃退 社会

    警察や区、動画を配信

     毎年10月に瀬谷公会堂で開催されている「瀬谷区安全・安心まちづくりの集い」が新型コロナの影響で中止となったことを受け、瀬谷警察署と区役所などが振り込め詐欺撲滅...(続きを読む)

    10月15日号

  • 「おもてなし」再開

    せやまるサポーター

    「おもてなし」再開 コミュニティ社会

    区庁舎案内、半年ぶりに

     瀬谷区庁舎1階で来庁者の案内などを担う区民ボランティア「せやまるサポーター」。コロナ禍で半年にわたり休止していたが、10月5日に活動を再開した。マス...(続きを読む)

    10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク