瀬谷区版 掲載号:2015年4月16日号
  • googleplus
  • LINE

統一地方選挙 自民2人が初当選 市議・花上氏、10期目果たす

政治

喜びの当選者たち(上中央・田村氏、中央右・花上氏、右下前列右・川口氏、左下・加納氏)
喜びの当選者たち(上中央・田村氏、中央右・花上氏、右下前列右・川口氏、左下・加納氏)
 4月12日に投開票が行われた統一地方選挙。県議選で自民党・田村雄介氏が初当選、市議選で同・川口広氏がトップに47票差の2位で初当選を決めるなど、今回の選挙では新風が吹き荒れる結果となった。

 現職と新人2人の三つ巴となった今回の県議選。過去3回の選挙では民主党現職と自民党新人の一騎打ちが繰り広げられ、いずれも現職・平本敏氏が議席を守り抜いた。今回は自民党・田村雄介氏に加え、無所属・市川英之氏も参戦。定数1議席をめぐり3人が戦い、新人の田村氏が現職・平本氏に743票差で初当選を果たした。接戦を制した田村氏は「周りにいかに支えてもらってきたのかを実感した。本当にありがたい限り。今後は防災対策に取り組み、国と県、しっかり連携を取ってやっていきたい」と述べた。敗れた平本氏は「地域での活動の機会が少なく、言いたいことが伝わり切らなかった。基地問題と医療に関しては、引き続き取り組んでいく。これまでのことを整理してもう一度組織立てを行いたい」と語った。

 定数3に対し現職2人、新人2人が出馬した市議選。トップで当選を決めたのは現職で民主党の花上喜代志氏。1万4206票を集め連続10期目の当選を果たした。花上氏は「トップ当選できたのは支援者のおかげ、大変感動している。今、瀬谷は上瀬谷の返還など課題が多い。今まで以上に皆さんの期待に応えていけるよう頑張っていく」と語った。花上氏と47票の僅差で初当選した川口広氏は「当選したのは後援会の方々や支援者、地盤を築いてくれた川口正寿議員のおかげ。得票数は皆さんの期待の現れだと思う。その期待をプレッシャーにせず、エネルギーに変えて頑張っていきたい」と意気込みを語った。安定した票で当選した現職で公明党・加納重雄氏は「4期16年、多くの方と作ってきた実績を全面に出して戦った」と選挙戦を振り返り「今後は上瀬谷の返還、瀬谷駅の開発、道路や鉄道の整備など新たな瀬谷創りの4年間になる。しっかり区民の声を聞きながら進めていく」と語った。

 瀬谷区の有権者数は10万679人。投票率は県議選が45・31%(前選挙マイナス5・02ポイント)で市内トップ、市議選が45・46%(同マイナス4・87ポイント)で市内2位だった。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク