瀬谷区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

瀬谷団地連絡道路 3月12日に開通へ 東野と相沢7丁目結ぶ

社会

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
東野団地との隣接部には信号機も※1日撮影
東野団地との隣接部には信号機も※1日撮影

 東野団地から県営細谷戸ハイツ方面に抜ける「市道瀬谷団地連絡道路」が、3月12日(月)午前11時に開通する見通しとなった。これまで両エリアを行き来するには周辺の住宅街を通過する必要があったが、開通により、地域の交通安全や利便性の向上が期待される。

 市道瀬谷団地連絡道路は、区内東野から相沢7丁目まで約290mを結ぶ。片側一車線の車道(計7m)と、その左右に各4mの歩道が設けられる。道路の南端、東野団地と隣接する部分は「東野北交差点」として信号機が設置される。

 市道路局建設課によると、この事業は県営細谷戸ハイツの再整備に合わせたもの。1998年度に事業を開始したが、用地取得などで完成時期がずれ込んだという。総事業費は約10億円だった。

周辺住宅地への通過交通軽減へ

 東野と、瀬谷町や相沢北部を自動車で行き来するには、家が立ち並び通学路もある周辺地域の狭い生活道路を抜けるか、住宅街を大きく南に迂回しなければならなかった。道路が開通することで、住宅地への通過交通が少なくなり、安全向上につながるほか、地域間の連絡機能も強化。瀬谷高校や市民の森がある区内東部と、海軍道路(環状4号線)が通る区内北部のアクセスも改善する。

 近隣の住民は「狭い生活道路を通る必要が無くなり、便利になります」と喜ぶ。また、このエリアの南側に位置し、瀬谷駅北口方面や中原街道方面に向かう県道瀬谷柏尾線の渋滞についても触れて、「改善につながるのでは」と期待していた。

瀬谷区版のトップニュース最新6

自然生かした3エリアへ

旧上瀬谷通信施設の公園

自然生かした3エリアへ 社会

基本計画の原案まとまる

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

瀬谷区、普及へ独自補助

感震ブレーカー

瀬谷区、普及へ独自補助 社会

地震時の電気火災防止へ

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

パラ競泳の代表に内定

日向楓選手(区内在住)

パラ競泳の代表に内定 スポーツ

国内大会で日本新連発

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter