戸塚区版 掲載号:2012年12月6日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚区の商店会などと共に、音楽で街の活性化を目指すシンガーソングライター kaho(かほ)*さん 鶴見区出身 23歳

街と共に成長したい

 ○…路上ライブなどでピアノの弾き語りをしながら、戸塚駅周辺の店のテーマソングを作る活動をしているシンガーソングライター。第一弾として吉田町にあるパン屋「ぷちらぱん」を題材とした曲が完成し、年末には「戸塚モディ」の開店時に流す曲も発表予定だ。噂を聞いた他の店からも「次はうちの曲を」とリクエストが殺到しているという。

 ○…手のひらサイズの幸せをほおばる、ひと口またひと口、優しさっておいしいね―。優しいメロディーに透き通った声で歌い上げる『ぷちらぱんのうた』。作曲のために同店で1日体験もしたという。「材料や焼く温度、形、パン一つひとつに作り手の愛情がこもっているのがわかりました。お客さんの視点だけでなく、お店の視点に立てたことも曲作りにつながりました」。

 ○…ピアノを始めたのは6歳のころ。高校時代にバンドを組んで大会に出場したり、都内の音楽専門学校に通ったりと人生を音楽と共に歩んできた。弾き語りを始めたのは18歳の時。戸塚区で歌うようになったのも実は「路上ライブをさせてもらいやすかったから」。しかし、場所があっても道行く人に足を止めて歌を聴いてもらうのは難しい。100人に1人聴いてくれたら良い方。そんな中、声をかけてくれたのは駅周辺でイベントを主催したり、店を経営する街の人たちだった。商店会のイベントにゲストとして呼んでくれたり、エフエム戸塚の番組のテーマ曲に採用してくれたり、活動の場を広げてくれた。

 ○…当初は区内の店や名所、キャラクターの「ウナシー」も知らなかった。「そしたら『だめだな、俺が鍛えてやるよ』って街の方が色々なことを教えてくれました。言い方はきついですけど、優しいなって。東京ではこんなに温かく接してもらうことがあまりなかったので」。街の人に支えられ、育てられた。音楽で街を盛り上げながら、自分自身も街と共に成長していきたいと意気込む。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク