戸塚区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する 三根 政信さん 平戸在住 62歳

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena

「遊び歌」で人を笑顔に

 ○…「大きな栗の木の下で」や「アルプス一万尺」などの童謡に手や体の動きをつける「遊び歌」を続けている。それだけでは満足せず、自身で作詞作曲、振りをつけた作品を披露するイベントをあす22日(金)、東戸塚地区センターで行う。「子どもだけでなく、大人も一緒に楽しめる。この魅力を最大限に伝えたい」と頬を緩める。

 ○…初めて遊び歌をつくったのは24歳の頃。保育士として勤めていた施設で園児たちを喜ばせようと、得意のギターを片手に作曲したのが始まりだった。歌に合わせて自由に踊る子どもたちを前に、「もっとレパートリーを増やして楽しませたい」と思い立つ。以降、著名な幼児音楽の作曲家に師事し、作品づくりに没頭。経験を積むうちに「シンプルな歌づくり」を重視するように。「簡単な歌詞やメロディーだと、子どもたちがイメージの赴くままに振りつけしやすく、表現力の向上につながっていく」。そんな考えのもと、今まで1000曲以上を制作。幼児向けの本へ楽曲の掲載も果たした。

 ○…戸塚へ引っ越して30年以上。「昔ながらのあったかさがある」とまちに愛着を抱き、2人の息子も区内で育て上げた。たくさんの愛情を注ぎ「毎晩絵本の読み聞かせは欠かさなかった」という。最近では2歳になる孫に夢中。「徐々に言葉を覚えてきたから、一緒に歌えるものをたくさんつくらないと」と、自然に目尻が下がる。

 ○…7年前、東日本大震災で津波の被害にあった保育園を支援するため、遊び歌のCDを制作、売り上げを寄付した。現地で親子向けのライブも開催し「“歌って踊ってたら元気が出た”と言われ、本当に嬉しくて」と感慨深い表情を浮かべる。「これからも遊び歌で多くの人を笑顔したい」。その一心で前進し続ける。

11月に2号店オープン!

「体の違和感、改善された“あと”何がしたいか」――。ともに追求します。

https://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月20日号

東郷 なりささん

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した

東郷 なりささん

平戸町在住 32歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

佐々木 太一さん

全日本マスターズレスリング選手権大会フレッシュマンズ30〜45歳の部・100kg級で優勝した

佐々木 太一さん

秋葉中学校教諭 29歳

1月30日号

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク