戸塚区版 掲載号:2018年7月5日号 エリアトップへ

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した 相澤 稔さん 上矢部町在住 73歳

掲載号:2018年7月5日号

  • LINE
  • hatena

包容力でまちを賑やかに

 ○…戸塚区連合町内会自治会連絡会(以下区連会)の会長に就任した。「思ったより忙しくて」と目まぐるしい日々を送るが、まちを盛り上げるためには自分の時間を惜しまない。「地域のために頑張りたい」と笑顔を浮かべる姿から、懐の深さがうかがえる。

 ○…生まれも育ちも上矢部町。「田んぼだらけの自然豊かでのどかな場所だった」と懐古する。そんな地域を盛り立てようと、心を砕いた父の思いを受け、40代で地元の町内会へ。盆踊りなどの企画づくりに携わり、住民を楽しませた。10年ほど前から上矢部連合町内会会長を務め、区連会に参加。「特に戸塚は地区同士のやり取りが盛んなのが良いところ。それを手助けできれば」と、自宅で流しそうめんを楽しむ交流会を開くことも。そんな寛容さもあってか周囲に推され、会長職という重役を担うことになった。「不安が大きい」というが、地元のために一肌脱ごうと決意を固める。

 ○…高卒後は自動車製造に関わる会社で設計や営業などに従事。徹夜続きというハードな時期もあったが、「作り手が分かりやすい図面を書き、トラブルがあれば現場の人と一緒に乗り越えた」とつねに“連携”を重視してきた。それは住民が一体となって行う地域活動にも共通しているという。「何事も人と人とのつながりが欠かせないよね」。サラリーマン時代の経験が、今も生き続けている。

 ○…若い世代に知恵や知識を伝えるため、日々試行錯誤を重ねる。現在は器用な手先を生かし、子どもたちに昔遊びを伝えようと竹細工づくりに夢中だ。「これからは若者たちに地元でどんどん活躍してほしい。区制80周年も目前。みんなで一緒に賑やかな節目にできるよう、区連会でも努めたい」。朗らかな表情でそう話した。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月20日号

東郷 なりささん

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した

東郷 なりささん

平戸町在住 32歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

佐々木 太一さん

全日本マスターズレスリング選手権大会フレッシュマンズ30〜45歳の部・100kg級で優勝した

佐々木 太一さん

秋葉中学校教諭 29歳

1月30日号

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク