戸塚区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している 土井 芳枝さん 上矢部町在住 68歳

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

作品に「可愛さ」詰め込む

 ○…紙に描かれた可愛らしいイラストを丁寧に切り抜いてコラージュし、生活雑貨などに貼り付けていく――。何の変哲もないものを華やかにさせる「デコパージュ」を20年にわたり行っている。現在、40点ほどの作品を吉田町の地域交流施設で展示中だ。「公での披露は初めて。色んな人に見てほしいなぁ」。愛らしい表情で話す。

 ○…制作のきっかけは、娘が持ち帰ってきた美術館のパンフレット。「紹介されていたデコパージュが素敵で、一目惚れしちゃった」。すぐさま教室を探し通い始めた。ものづくりが得意だったこともあり、めきめきと上達。次第に型に囚われない作品づくりに目覚めるように。「可愛いものが好きだから、それを最大限に表現したくて」と、スマホケースに大好きな猫をあしらったり、木箱に花柄を装飾したりと自由自在。絵が剥がれないよう50回ほどニスを塗る作業にはさすがに骨が折れるというが、「完成品を見るとわくわくする」とにっこり。生み出される作品には、追求し続けた“可愛さ”がぎゅっと詰まっている。

 ○…会場の「ふらっとステーション・とつか」では、ボランティアとして働いている。「内気な性格だったのに、地域の人と顔見知りになってから話すのが好きになった」と、通う中でおのずと社交的に。今回、そんな馴染み深い同所で、自宅に眠っていた作品を披露しようと思い立った。「夫も展示の準備を手伝ってくれたの」と嬉しそうだ。

 ○…涼しげな水色のスカーフに白い耳飾りと、いでたちも華やか。「最近はビーズアクセサリーづくりにもはまってる」とおしゃれをとことん楽しんでいる。「いつかデコパージュ作品を売る小物屋さんを開きたい」。そんな夢を抱き、これからも乙女心をくすぐる作品をつくり続ける。

11月に2号店オープン!

「体の違和感、改善された“あと”何がしたいか」――。ともに追求します。

https://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

10周年を迎えた(一社)日本ヒューマンビートボックス協会の代表理事を務める

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

横浜市在住 34歳

12月19日号

山田 環さん

区内を中心に活動する「お絵描き工房 光」の代表を務める

山田 環さん

汲沢在住 56歳

12月12日号

中山 紀子さん

バドミントン選手として1972年のミュンヘン五輪金メダルなどで功績を残した

中山 紀子さん

汲沢町在住 76歳

12月5日号

掛川 隆さん

10月14日の「鉄道の日」に鉄道関係功労者として国土交通大臣表彰を受けた

掛川 隆さん

前田町在住 67歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク