戸塚区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • hatena

県政報告 54 魚道の効果、柏尾川水系のアユが激増 神奈川県議会議員 北井宏昭

 先月末、私は横浜市・環境創造局の「業務研究改善事例発表会」に出席。市が調査した柏尾川水系上流部の阿久和川と平戸永谷川で「アユの個体数」が激増した、との報告を受けました。その要因は、昨年秋にブリヂストン横浜工場横に設置された「魚道」の効果と推測されるとのこと。

 これは、本年2月の本紙でご報告した通り、H27年の環境農政常任委員会で『アユ漁が出来る都市河川に』をテーマにした質疑内容を県政報告したところ、地元から「ならば魚道を設置せよ」とのご指摘を受け、県の河川課へ依頼し設置されたもの。こんなに早く効果が出て、私も嬉しく思いますが、まだアユ漁へのハードルは高いです。

生育状況が課題

 アユの個体数は増えているものの、アユの生育状況が悪いのです。今秋の柏尾川水系の調査では10cm程度のアユが確認されていますが、他の多くの河川では18cm程度まで生育しています。その原因は、アユの餌となる「コケ」が付きやすい大きさの「ごろた石」が、この水系に少ないこと。

 しからば単純に、河床に石を敷けばいい、というものでもありません。河川整備は、従来の自然環境を維持する大原則があります。同時に、治水対策・水害防止の整備も重要。やたらと川底をいじれないのです。

 そこで県には、コケの付きやすい河床保護ブロックの選定など、生育力アップへの研究を進めるよう求めております。

 今後も、本流の境川や宇田川・舞岡川・名瀬川など区内河川の生物多様性向上も目指します。また皆様からのご意見もお待ち申し上げます。

北井宏昭

横浜市戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

1月19日 ヘルスケアセミナー

「肝硬変のお話」=予防につながる生活や食にを紹介・参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「日本の唄を一緒に歌おう」

タンゴ歌手小原さん

「日本の唄を一緒に歌おう」

1月20・21・24日 区内各所で

1月20日~1月24日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク