戸塚区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

書籍「妊娠・出産カレンダー」を上梓した、小川クリニックの院長を務める 小川 博康さん 舞岡町在勤 64歳

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

「正しい知識」で安産迎えて

 ○…戸塚の地で20年にわたり活動する産婦人科医。このほど上梓した書籍で最も伝えたいのは、産むまでの”経過”の重要性だ。妊娠中は適切な食事や運動管理をしないと出産時のリスクが上がるため「耳あたりの良いインターネットの情報をうのみにするのではなく、正しい知識のもと日頃の生活を送ることが大切だと伝えたい」と話す。

 ○…これまで2万人の出産に携わってきた。印象的なのが20年近く前に訪れた「47歳で初産」という女性だ。「命がけになるかもしれませんよ」との言葉に「死ぬ気で産みます」という肝の据わった返答。その思いに応えるよう、生活や食事を徹底的に指導した。「相当きついことも言ったが、すべて指示通りにこなしてくれた。そして無事に出産。体型も変わらず、妊娠前のスパッツを履いて帰っていきました」。”経過”が大事という考えを新たにしたという。

 ○…舞岡町にある小川クリニック産婦人科の3代目として日々の業務に携わる。年中無休で働き運動会にも来てくれない父の姿を見ながら「ぜったいに親父のようにはならない」と誓っていた少年時代。しかし運命によって医師の道へといざなわれた。日本医科大学を卒業後は同大学に勤務し、世界で類を見ない胎内手術を成功させている。そして現在、舞岡の地にて年中無休で働く。「結局自分も、子どもの運動会に行ってやれない父親になってしまったね」

 ○…「診療のために人様のプライベートに関わる部分を尋ねたり、時には手術のため体を切ることもある仕事。『医者をやらせていただいている』という感覚を忘れてはいけないと思う」と語る。これからも安産をめざす人に向け、培った知見を還元しながら、地元の産婦人科として新たな命を迎え続ける。

戸塚区版の人物風土記最新6

安部 力(ちから)さん

戸塚区社会福祉協議会の事務局長に就任した

安部 力(ちから)さん

東京都在住 55歳

5月21日号

新井 鷗子さん

横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月30日号

小山 晃伸さん

戸塚警察署長に就任した

小山 晃伸さん

矢部町在住 56歳

4月16日号

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第232回

    男のおしゃれ学

    「いい女といい男」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク