戸塚区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

(PR)

戸塚町在住武田さん 「ウィッグ」でがん患者に自信を 活動3年、自宅サロンが浸透

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
自社商品を前に微笑む武田さん。「自信が持てるものを」と呼び掛ける
自社商品を前に微笑む武田さん。「自信が持てるものを」と呼び掛ける

 「抗がん剤で髪が抜けてつらかった。でも、ここのウィッグに出会ってから自信を持てるようになり、笑顔が戻りました」──。そう話す女性を温かい眼差しで見守るのは、戸塚町在住の武田さわ子さんだ。武田さんは3年前、がん治療による脱毛や加齢による薄毛等に悩む人に向け、医療向けウィッグ(かつら)を紹介・販売する会社を設立。徐々に女性に浸透してきている。

自身の闘病経験生かす

 じつは、武田さんも乳がん体験者。治療による脱毛が始まる前にウィッグを探したが、品質や値段はメーカーによって千差万別。「何が良いのか分からず、髪が抜けると思うと不安だった…」

 そんな中、20年以上ウィッグをプロデュースしてきた鍛紀子氏の商品と出会う。締め付け感がなく、形状記憶により時間が経ってもヘアスタイルが維持されつねにおしゃれを楽しめた。冠婚葬祭にも自信を持って参加できたという。「最大のポイントはサイズ調整やシャンプーなどが自分で簡単にできる点。がん患者にとって手入れのために何度も店に足を運ぶのは心身の負担が大きい。本当に救われました」。同時に周囲との交流においてアピアランス(外見)ケアも重要だと気付いたという。

 この体験を機に、脱毛に悩む人を支えようと(株)明和企画を設立。自宅にサロンを構えて愛用したウィッグを紹介し、「治療中もストレスなく、自信を持って被れるものを」と思いを込める。

 現在は多方面からがん患者をサポートしようと、医療関係の講演会やセミナー等へ足を運び知識を培う毎日だ。最近は、同じ境遇の人同士で支え合う「ピアサポート」の取組にも着目。闘病経験を生かして相談者が最適な情報を得られるよう、生活の知恵や相談窓口等の紹介にも力を注ぐ。「私のような経験者に話してもらい、ウィッグだけでなく病気と向き合う一歩を踏み出してほしい」と笑顔を見せる。

㈱明和企画

横浜市戸塚区戸塚町3133-9

TEL:080-7823-7858

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

「忘れられない思い出作りを」

幼稚園選びは大切な人生の第一歩

「忘れられない思い出作りを」

初音丘幼稚園・スカイハイツ幼稚園  見学会受付中

9月24日号

ブロック塀改善工事に補助

横浜市

ブロック塀改善工事に補助

今年度の事前相談は10月31日まで

9月24日号

看護助手の仕事とは

看護部長に聞く 横浜医療センター

看護助手の仕事とは

資格不問・子育て支援も

9月24日号

国内初、口座と紐づくタッチ決済

はまPayが114万店舗で利用可能に

国内初、口座と紐づくタッチ決済

スマホで「お金の管理」の新しい形を

9月17日号

「住まい・くらしのサポートセンター(一社)オーケストライフ戸塚・泉・栄」

弁護士・税理士・司法書士等 11の士業団体でコーディネート

「住まい・くらしのサポートセンター(一社)オーケストライフ戸塚・泉・栄」

備えて守る地域のくらし

9月17日号

永代供養墓が建立

秋葉町長蔵寺

永代供養墓が建立

「困っている人の受け皿に」

9月17日号

自分と家族の命を守ろう!

台風シーズン到来! 戸塚区役所が作成する3種類のハザードマップ確認

https://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/kurashi/bosai_bohan/saigai/hazardmap.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク