戸塚区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

とつか歴史探訪 ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第61話 〜時宗のお寺(冨塚山)親縁寺(しんねんじ)〜 

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 冨塚山 雙林院親縁寺 時宗のお寺です。以前は、真言宗のお寺だったといわれていますが、元応二年(1320)ころ、遊行四世の呑海上人が時宗に改宗し開基となり、覚阿和尚が住職になられたといいます。昔は、大坂下にあったといわれていますが、三十二代の智元和尚が、明和元年(1764)現在地に本堂を建てたといいます。

 ご本尊は木彫りの、阿弥陀三尊立像(阿弥陀如来像を真ん中にし、左に観世音菩薩、右に勢至菩薩を配した三尊形式)鎌倉時代後期から南北朝前期の作といわれています。

 時宗は鎌倉時代末ころに興った浄土系の仏教の一宗派で開祖は一遍上人、総本山は藤沢市の清浄光寺(通称・遊行寺)です。寺号は、三縁(親縁、近縁、増上縁)によるそうです。

 境内別棟に地蔵堂があり日限地蔵が安置されています。その前にはここで開かれた鎌倉俳句会での高浜虚子の句「茂り中 日限地蔵の 旗つづく」の句碑があります。お寺の境内階段を上った右手には一遍上人に時宗開宗を目覚めさせた熊野権現を祀るお堂が、左手には大きな青銅の地蔵像がありお供えが絶えません。また、境内の樹木の滴る緑の中の鐘楼は茅葺の優雅なもので、並んで立つ樹齢300年ともいわれる銀杏の大木は秋には散り落ちる銀杏の葉を浴びて筆塚も優雅な姿を見させてくれます。春には牡丹が綺麗な花を咲かせます。雨に弱い牡丹の花に傘をさす光景は戸塚かるたにも詠まれています。
 

戸塚区版のコラム最新6

スマイルガーデン

おいしいもの とつかブランド vol.8

スマイルガーデン

横濱フリアン(プレーン:税込150円チョコ・抹茶:税込170円)

5月7日号

今日はブレイクタイム!訪問歯科診療について

とつか歴史探訪

とつか歴史探訪

■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第62話 〜源頼朝が進軍した鎌倉道中道〜 

4月29日号

「仲間とは、一生涯の宝」

団員募集中 魅力たくさん!戸塚消防団

「仲間とは、一生涯の宝」

Vol.1 鈴木進団長

4月15日号

とつか歴史探訪

とつか歴史探訪

■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第61話 〜時宗のお寺(冨塚山)親縁寺(しんねんじ)〜 

4月15日号

口腔乾燥の対応と受診について

お口の健康塾 Vol.4

口腔乾燥の対応と受診について

4月1日号

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter