金沢区・磯子区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

太ること勧めた恋歌 粽(ちまき)に使われた「チガヤ」の葉 日本自然保護協会自然観察指導員金子昇(富岡西在住)

 ”わけがため わが手もすきまに 春の野に 抜ける茅花(つばな)そ 食(を)して肥えませ”(万葉集)

 「あなたのために春の野で 手を休めずに摘んだつばなを食べてどうぞ肥ってください」という恋歌です。この時代は甘いものを食べて太ることが最高の贅沢だったようで、現代女性のダイエット志向に逆行しています。

 茅花とは「チガヤ」の花穂のことで、初夏に野原や公園、畦(あぜ)等の日当たりのよい草原に群生するイネ科の植物です。チガヤは銀白色の細長い穂を風になびかせ、綿毛状の種子を飛ばすので、初夏に吹く湿った南風を「つばな流し」と呼びます。チガヤはサトウキビの仲間で蕾の穂や茎、根茎に甘味が含まれていることから、上のような恋歌が詠まれたのでしょう。チガヤは昔の子どものよいおやつで、江戸時代には「つばな売り」まであったといいます。

 尖った葉は、邪気を払うと信じられていたため、各地の神社では、健康を祈願する大きな茅輪くぐりの神事が行われています。また5月の節句を祝う粽(ちまき)は、現在のようなササの葉ではなく、このチガヤの葉で包んだものが「茅巻き」と呼ばれていました。

 チガヤは、万葉集や古典文学等にもよく登場しており、春の「つばな」、初夏の「つばな流し」、夏の「浅茅(あさじ)」(チガヤの葉が群れている様子をいう)、そして秋の「草モミジ」と四季折々の言葉で表わされてきました。
 

金沢区・磯子区版のかなざわ草花の詩最新6件

天使が3回キスして3色に

季節の花㉙ 伝説が多い「パンジー」

天使が3回キスして3色に

2月16日号

織田信長が最も恐れた木

名木古木【12】 龍華寺の「ソテツ」

織田信長が最も恐れた木

2月2日号

代々夫婦仲睦まじく

季節の花㉘ 正月の供え物に「カキ」

代々夫婦仲睦まじく

1月5日号

子供のイヤリング遊びにも

街路樹【9】 紅葉する「モミジバフウ」

子供のイヤリング遊びにも

12月8日号

信長発案の街道一里塚

名木古木【10】 金龍院の「エノキ」

信長発案の街道一里塚

11月24日号

黄葉した葉はカルメラの香り

街路樹【8】 芳香な「カツラ」

黄葉した葉はカルメラの香り

11月10日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク