金沢区・磯子区版 掲載号:2012年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

朝夷奈切通 もっと知って ガイド協会が無料で案内

文化

団体のハイカーも珍しくない
団体のハイカーも珍しくない

 「武家の古都」として世界遺産登録を目指す鎌倉の構成資産のひとつ、「朝夷奈(あさいな)切通(きりどおし)」(区内朝比奈)。登録に弾みをつけようと、NPO法人横濱金澤シティガイド協会が、毎月第2日曜日の無料ガイドをスタートさせた。本紙は6月10日、同行取材を行った。

 京急「朝比奈」バス停を降りてすぐ、ここが朝夷奈切通の入口だ。鎌倉市十二所(じゅうにそう)までの約1Kmを、ガイドの引率で歩く。この日の参加者は8人。同協会が作成したパンフレットを頼りに、区内外から集まったという。スタートして横浜横須賀道路をくぐると、緩やかな上り坂が続く。

 「かつてここは、石切り場でもあったんです」―。ガイドの林原泉さん(78)が随所で挟む説明に、参加者たちは熱心に耳を傾ける。鎌倉幕府の執権・北条泰時が約800年前に開いたとされるこの切通。交易拠点の六浦津と鎌倉を結ぶ交通路となった。「幸運なことに、ほとんど手つかずのまま残されている。非常に価値のある史跡です」と林原さんは話す。

 鳥のさえずりを聞きながら、水の流れる小径をしばらく下ると、十二所に到着。ゆっくり歩いて1時間ほどの行程だ。東京・中野区から参加した男性(70)は、「良い気分で歩ける距離。ぜひまた来たい場所です」と笑顔だった。

 林原さんは、「少しでも多くの人に切通を歩いてもらうのが目的。これからもっとPRできれば」と話している。ガイドに関する問い合わせは同協会【電話】045・787・0469まで。
 

ガイドの説明に聞き入る参加者
ガイドの説明に聞き入る参加者

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク