金沢区・磯子区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

「ブタのサラダ」の意味を持つ タンポポの ろくろっ首版「ブタナ」 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

 最近区内で特に繁殖している帰化植物の一つに、この「ブタナ」があります。初夏から秋の終わりごろまで咲き続け、道端、空き地、公園、土手、山野の明るい場所等いたるところで見ることができる多年生草本です。今では、全国どこでも見られ、登山者に付着した種子で、亜高山帯まで進出しています。

 ヨーロッパ原産ですが、アジアや北アメリカにまで勢力範囲を広げており、根が少しでも残っていれば直ぐに復活する繁殖力の強い帰化植物です。1933年に北海道で発見され、フランス名の「サラド デュ ポール」(ブタのサラダの意)から、日本名「ブタナ」と命名されました。また、花がタンポポに似ていることから「タンポポモドキ」という別名もあります。ちなみに英名は「キャッツ イヤー」(ネコの耳)。ブタが食べるサラダかどうかは定かではないが、人が食べるには向いていないようです。

 茎は丈夫で、細長く、特に草むらの中ではヒョロヒョロと長く伸ばすので、まるでろくろっ首版のタンポポといった感じです。茎の先端に花をつけますが、途中2〜3本に分かれることがあります。

 葉には2つのタイプがあり、一つは、生育環境により形を大きく変化するロゼット状の根生葉、もう一つは、茎の途中にある小さな鱗片葉、これはほとんど葉の原形をとどめていない退化した葉です。
 

金沢区・磯子区版のかなざわ草花の詩最新6件

天使が3回キスして3色に

季節の花㉙ 伝説が多い「パンジー」

天使が3回キスして3色に

2月16日号

織田信長が最も恐れた木

名木古木【12】 龍華寺の「ソテツ」

織田信長が最も恐れた木

2月2日号

代々夫婦仲睦まじく

季節の花㉘ 正月の供え物に「カキ」

代々夫婦仲睦まじく

1月5日号

子供のイヤリング遊びにも

街路樹【9】 紅葉する「モミジバフウ」

子供のイヤリング遊びにも

12月8日号

信長発案の街道一里塚

名木古木【10】 金龍院の「エノキ」

信長発案の街道一里塚

11月24日号

黄葉した葉はカルメラの香り

街路樹【8】 芳香な「カツラ」

黄葉した葉はカルメラの香り

11月10日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク