金沢区・磯子区版 掲載号:2012年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

サッカーJ2湘南ベルマーレへの内定が決まった 村岡 拓哉さん 釜利谷西在住 神奈川大学4年

ひたむきに「夢」切り拓く

 ○…「絶対にプロにさせてやる」―。神奈川大学入りを決意させた大森酉三郎・前監督のこの言葉が、いま、現実になった。6月15日、サッカーJ2湘南ベルマーレから届いた「内定」の二文字。「子どものころからの夢が叶いました」と、顔をほころばせる。昨年から、特別指定強化選手としてベルマーレの練習に合流。好機を無駄にすまいと重ねた努力が、ついに結実した。

 ○…地元・夏山FC出身。指導者だった父の影響で、兄と一緒にプレーするようになった。「きっかけがあったというより、自然と自分もやる流れになっていましたね」と笑う。小3から中学まで、追浜のF・マリノス下部組織でプレー。「試合になかなか出られず、満足できる結果は得られなかった」と悔やむが、6年間で基礎体力とスピードを得て、いまの土台を築いた。

 ○…急成長したのは、日大高サッカー部時代。出場機会に恵まれ、試合の経験を力に変えていった。3年次、JFLプリンスリーグ昇格を懸けた試合では、先行を許すも逆転勝利。「サッカーは一人じゃできない。みんなで喜びをつかめるから楽しい」。イレブン全員の力で栄光を手にした経験は、かけがえのない財産だ。神大では、スピードを生かしエースとして活躍。漠然と抱いていた「プロ」という目標は、どんどんクリアになっていった。「サッカーでなければ、何をしていたんだろうって思います」。わき目も振らず、目標へ向かい駆け抜けてきた。

 ○…フィールドを縦横無尽に走り、得点へと導くプレーが評価されている。だが、意外にも走るのは嫌いなんだそう。「ボールに触っている時間が一番楽しいです」と屈託ない笑顔を見せる。”サッカーが好き”という原点は、今でもぶれてはいない。オフにはボウリングを楽しむという21歳。取材中も終始謙虚な「好青年」だが、「スタートが大事。1年目から試合に絡める選手になります」と秘めたる闘志をのぞかせた。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク