金沢区・磯子区版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

奇数出葉なのに「八つ手」とは 円熟するほど頭を下げる「ヤツデ」 日本自然保護協会自然観察指導員金子昇(富岡西在住)

 冬を迎えると、花をつける草木が少なくなりますが、この時期を彩る樹木の一つに「ヤツデ」があります。公園や庭によく植えられ、香りのある白い花をたくさんつけて虫をおびき寄せています。

 ヤツデの花には、雄蕊のみの単性花と雄蕊・雌蕊が揃っている両性花が雑居しており、一つの花序(球形状をした一つ)が咲き終わると次の花序へと移っていくので、全部の花序が咲き終わるまで、1〜2カ月もかかります。これは冬になると花粉を運ぶ虫たちが少なくなるため、花期を長くして受粉の機会を多くしているのです。ウメやビワ等のように冬に開花する木の特徴の一つです。

 葉は天狗の団扇のように大きく、出葉数7枚または9枚といった奇数がほとんどです。しかし昔から数が多い時に「8」がよく使われていたのでこの名があります。果実は黒く熟してくると、重みで先端から垂れ下がり、完全に倒れた状態になると花軸の基から新しい葉が出てきます。円熟するほど頭を低く下げてくる姿は、人が年を経るほど腰が低くなるのと同じかもしれません。

 少年時代、この実を竹鉄砲の弾に使って遊んだ経験があります。筒と弾との隙間が少ないほど圧力がかかり、「ポンッ」と大きな音を立てて遠くへ飛び出していきます。弾には他に、スギの雄花の塊りとかヤブランやリュウノヒゲの実も利用したことがありました。
 

ヤツデの花=写真上=と実=同下
ヤツデの花=写真上=と実=同下

金沢区・磯子区版のかなざわ草花の詩最新6件

天使が3回キスして3色に

季節の花㉙ 伝説が多い「パンジー」

天使が3回キスして3色に

2月16日号

織田信長が最も恐れた木

名木古木【12】 龍華寺の「ソテツ」

織田信長が最も恐れた木

2月2日号

代々夫婦仲睦まじく

季節の花㉘ 正月の供え物に「カキ」

代々夫婦仲睦まじく

1月5日号

子供のイヤリング遊びにも

街路樹【9】 紅葉する「モミジバフウ」

子供のイヤリング遊びにも

12月8日号

信長発案の街道一里塚

名木古木【10】 金龍院の「エノキ」

信長発案の街道一里塚

11月24日号

黄葉した葉はカルメラの香り

街路樹【8】 芳香な「カツラ」

黄葉した葉はカルメラの香り

11月10日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク