金沢区版 掲載号:2013年7月25日号

住宅型認知症デイが開所 社会

「落ち着ける場所に」

「やまゆり」の外観
「やまゆり」の外観
 社会福祉法人すみなす会(入江昭明理事長)が運営する、認知症対応型のデイサービス「やまゆり」が6月1日に釜利谷東に開所した。認知症対応を専門とし、新築で建てられた施設は区内でも珍しいという。

 すみなす会は認知症対応型と一般のデイサービスが併設されているケアプラザを区内で運営。デイサービスの併設は他所でも多く見られるもので、利用者に多くの職員が対応できるという利点がある。

 しかし認知症患者にとっては、他人の声や雑音が多く聞こえるため、過剰に反応しパニックになる例があった。一般デイサービス利用者の目線や反応が気になり、通所を拒む認知症患者もいたという。社会的な孤立感を解消するために、利用者が落ち着いてコミュニケーションができる施設が望まれていた。

 そこで柳町地域ケアプラザの笹田通子所長が「やまゆり」の開所を提言。同所は「落ち着ける場所」にこだわり、戸建て住宅をイメージして建てられた。利用者がゲームや手遊びなどを行う空間はダイニングキッチンがあるなど、家庭のリビングのような作り。戸建て住宅型の長所を活用し、洗濯物や食器洗い、家庭菜園などの家事を通したリハビリを受けている。

 柳町地域ケアプラザから移動した利用者のうち、かつて踊りや歌に参加しなかった人が「やまゆり」では積極的に参加するようになったという。笹田所長は、「認知症でお困りの方は、過ごしやすい空間でリハビリを受けることが大切。この施設が選択肢のひとつになれば」と話している。

金沢区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク