金沢区・磯子区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

小学生サッカー教室 金沢高提案で実現 高校生と学生が指導

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena
高校生に果敢に挑む
高校生に果敢に挑む

 金沢高校と横浜市立大学のサッカー部員が指導役になり、小学生にサッカーを教える「はじめの一歩教室 サッカーでつながろう!」が2月22日、横浜市立大学第二グラウンドで行われた。

 これは金沢高・サッカー部が提案したもの。「人材も施設もあるのに活用できないのはもったいないと思っていた」と粉川典史顧問。普段から練習試合を行っている横浜市大・サッカー部の協力を得て実現した。

 同部では2011年から地元の少年チームを招いてサッカー教室を開いている。渡辺哲美主将(2年)は「小学生は素直に楽しいという表情が現れる。サッカーが好きという気持ちを思い出させてくれる」と話す。指導したことが、最後に行うゲームで生かされる時が嬉しい瞬間だという。「地元出身者の多い高校。自分たちも教えてもらった分、今度は教える立場になれれば」

 教室には80人の小学生が参加。5班に分かれ、ボールに慣れるよう遊びを交えたドリブルやシュート練習、ミニゲームに汗を流した。西柴小学校5年の坂井湧希くんは「面白く教えてくれるので分かりやすかった」と話していた。

地域に尽くす

 部員の左胸にあるのは、金沢区のシンボル・カモメと区の花・牡丹をあしらったエンブレム。地域への思いが現れている。その象徴が12年春から続く、火曜朝の地域清掃だ。手子神社前の公園や、海の公園など班に分かれてゴミを拾う。「きっかけは罰清掃」と粉川顧問は苦笑いするが、その後途切れることなく根付いたという。渡辺主将は「誰かがやる必要がある。当たり前のこと」とさらりと話す。大雪の日には八景駅前から学校までの道の雪かきを野球部と協力して行った。

 プレーでは粘り強さが代名詞のチーム。「我慢強く人のために尽くすこととマッチしているのかも」と粉川顧問は笑顔を見せた。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

金沢の中小企業を巡る

金沢の中小企業を巡る 経済

 学生ら47人が参加

2月27日号

金沢自然公園に黄色の絨毯

金沢自然公園に黄色の絨毯 文化

菜の花見ごろ 3月上旬まで

2月27日号

岡村公園テーマの俳句募集

岡村公園テーマの俳句募集 文化

70周年記念しコンクール

2月27日号

村治佳織リサイタル

村治佳織リサイタル 文化

タウンニュースホール

2月27日号

科学への興味を育む

洋光台サイエンスクラブ

科学への興味を育む 教育

小・中・高の会員募集

2月27日号

窓口相談会延期のお知らせ

意識調査結果を公表

金沢区

意識調査結果を公表 経済

区に愛着、7割以上

2月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク