金沢区・磯子区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

季節の花【10】 スカンポと呼ばれた「イタドリ」 名の由来は「痛みを取る」薬草 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 子どもの頃、枝葉を食べて「酸っぱい、スカンポだ!」と、遊んだことがある人も多いでしょう。正式名は「イタドリ」で、同じ仲間の「スイバ」と共に別名「酢模」(スカンポ)と呼ばれ、どちらも口にすると酸味があります。昔から民間薬として、葉を揉んで傷口にあてると、痛みが取れ血も止まるので、この名がつけられました。イタドリは区内で普通に見られます。夏から秋にかけて花が咲くので、日本書紀では「多遅花(たじのはな)」と表現されています。

 昔から、春先の若い茎を漬物やてんぷらに利用してきました。ただ、シュウ酸という成分が多く含まれているため、たくさん食べると舌がひりひりしたり、下痢をおこしたりすることがあるので、注意が必要です。

 イタドリは生活力が強く、5〜6mにも成長し、根も広く張り、他の植物を駆逐していきます。

 明治の頃、土壌の浸食防止や園芸用に、イギリスとアメリカへ導入され、喜ばれましたが、次第に周辺地へ拡大繁殖し、在来種を追い払い、強害草の汚名をつけられました。さらに地下茎による石垣やコンクリートを突き破り=写真下=、電車のレールを押し上げ、堤防の破壊等外国で大暴れしています。しかも除草剤にも強く、地下茎で繁殖するので手に負えません。

 痛みを取ってくれるはずのイタドリに、人は痛い目にあわされています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

建設業から教育にも

建設業から教育にも

(株)安藤建設(磯子区中原)

5月20日号

溢れる肉愛で旨さ探求

溢れる肉愛で旨さ探求 社会

加藤牛肉店代表取締役 加藤敦さん(55)

5月7日号

地域と共に豊かな社会を

地域と共に豊かな社会を

(株)サカクラ(磯子区岡村)

4月29日号

社員が誇れる会社に

社員が誇れる会社に 社会

三親住設株式会社代表取締役社長 奥村佳正さん(52)

2月4日号

子どもの「学び」支える

子どもの「学び」支える

株式会社神奈川銀行

2月4日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter