金沢区・磯子区版 掲載号:2014年8月7日号 エリアトップへ

古文書から見る金沢 第3回 文/飯塚玲子

掲載号:2014年8月7日号

  • LINE
  • hatena

 大道ふれあいむかし資料館に、古文書ではないが、珍しい俳句の本がある。『元除編覧』という本で、関根白芹という日本橋馬喰町の裕福な百姓宿枡屋の主人で葛飾派其日庵五世だった俳人と、その門人や交流のあった人達が大晦日やお正月を詠んだ句が載っている。題名の元とは元旦、除とは除夜の事である。

 葛飾派其日庵とは「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句がある山口素堂を祖とし、素堂は葛飾に住み其日庵の号がある。この本が珍しいのは、金沢で活躍した指月という俳人の書入れがあるからである。

 江戸時代、金沢では俳句が盛んだったが、俳句を号で詠んでいるため、本名がわからずどんな人たちかは、あまりよくわかっていない。しかし、相川家文書の中にこの指月の書入りが残されていたという事は、指月が相川家と縁のあった人と考えられる。指月は大道小の近くに住み、俳句を詠んでいたのかもしれない。

 ある本には「麦の穂を たよりにつかむ 別れかな 梅室所持」=写真=という指月の書入れがある。この句は1694(元禄7)年、旅に出る松尾芭蕉が、八丁畷(はっちょうなわて)(川崎)まで見送りに来た弟子たちとの別れに詠んだ。また1830(文政13)年、桜井梅室の筆で、この句碑が八丁畷に建てられ、今も同じ場所にある。

 実は句碑が建てられて一か月後、指月らが梅室を招き、瀬戸神社で奉納句合を開いている。その時、梅室がこの句の書を持っていて、それを指月が見て書き写したので、「梅室所持」と書いたのではないだろうか。この『元除編覧』には、白芹と交流のあった一茶の句も載っている。

■大道ふれあいむかし資料館(大道小学校内)▽一般開放日時=8月10日(日)・23日(土)の午前10時から正午
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月14日号

刺抜きの特効薬?

金子さんの草花の不思議発見!第36回ニシシギ

刺抜きの特効薬?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

11月14日号

バス路線「ピアライン」が誕生

バス路線「ピアライン」が誕生

桜木町〜新港ふ頭を結ぶ

11月7日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

IRと横浜

10月31日号

「芙蓉」はハス・スイレンを指す

金子さんの草花の不思議発見!第35回フヨウ

「芙蓉」はハス・スイレンを指す

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月31日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク