金沢区・磯子区版 掲載号:2014年11月13日号 エリアトップへ

かねさわ地名抄 第39回「片吹」文・NPO法人横濱金澤シティガイド協会

掲載号:2014年11月13日号

  • LINE
  • hatena
現在の片吹交差点
現在の片吹交差点

 この地区に土地を持つ人が昭和40年頃に登記した権利書では、地目「山林」となっているはずです。その昔は里山で町はなかったと思われます。

 『新編武蔵風土記稿』久良岐郡金沢領町屋村の項に、小字として「カタブキ 東北ナリ」とあり、この小字にちなんで名付けられたといわれています。

 1939(昭和14)年の町界町名地番整理事業の施行にともない、金沢区谷津町から新設しました。古くは久良岐郡谷津村といい、1889(明治22)年市町村制施行の際、金沢村字谷津となります。1926(大正15)年1月1日に町制を施行し、現在に至ります。

 明らかに谷津の一部だった片吹、土地の人は風向きが少し変わったものの以前から強い風が吹いていたというから、海からの風が谷戸に向かって吹いていたのだろうといいます。

 『古代地名語源辞典』には、「片山―片側に山を控えた地」「片依―山に近い、山寄り」「片岡―片側が岡」などの例があるようで、片吹も片一方から風が吹くと考えてもおかしくないでしょう。小字「カタブキ」もそんなところから来たのかもしれません。

 現在の片吹は京浜急行の能見台駅と金沢文庫駅の中ほどの国道16号線を挟んで西側一帯とその東側の帯状に細長い一帯をいい、この辺りは低いながらも山や谷の連なる丘陵地帯でしたが、開発造成が盛んで、現在みるように大きく変化しました。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

変化に富んだ花の色

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ

変化に富んだ花の色

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

4月30日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

3月26日号

年々耐寒性が強くなる

金子さんの草花の不思議発見!第41回 ヒメツルソバ

年々耐寒性が強くなる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月26日号

路に迷ったら柳の花を見よ

金子さんの草花の不思議発見!第40回 タチヤナギ

路に迷ったら柳の花を見よ

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月13日号

祖先返りの「葉」が現れる

金子さんの草花の不思議発見!第39回カイヅカイブキ

祖先返りの「葉」が現れる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月25日17:30更新

  • 5月16日21:30更新

  • 5月16日7:42更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク