金沢区・磯子区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

楊貴妃の玉簾、称名寺に 室町からの伝説蘇る

文化

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
重要文化財「玉簾」(称名寺所蔵・神奈川県立金沢文庫保管)=県立金沢文庫提供
重要文化財「玉簾」(称名寺所蔵・神奈川県立金沢文庫保管)=県立金沢文庫提供

 今年の称名寺薪能で上演される能「楊貴妃」。県立金沢文庫ではそれに合わせ、楊貴妃の所有物であったという伝説の残る「玉簾(たますだれ)」を一般公開する。5月15日まで見ることができる。

    ◇  ◇

 蓬莱宮に楊貴妃の霊魂を訪ねてやって来た玄宗皇帝の使者。御簾(みす)の内に見え隠れする楊貴妃に、帝の深い嘆きを伝える――。能の一場面だ。

 県立金沢文庫に眠る国指定重要文化財の玉簾。楊貴妃のものだという伝説が古くから伝わっている。「錦の縁の中に、ガラス棒が簾状にかかっていたと思われます」と話すのは同館学芸員の高橋悠介さん。現在、ガラス棒は分離した状態で保存されている。

 縦78・7cm、横90・6cmの玉簾は鎌倉時代のもの。「もともと境内の三重塔に飾られていたといわれています」。1486年、室町時代の聖護院門跡・道興准后(どうこうじゅごう)の紀行文「廻国雑記(かいこくざっき)」には称名寺を巡礼した日のことが綴られている。その一文には「これにこそ楊貴妃の玉のすだれが二かけ……」とあり、当時は二帳存在し楊貴妃ゆかりの品として伝わっていたことをうかがい知ることができる。また、この玉簾が霊宝として三重塔にかけられていたとの記載も。毎年3月15日以外は開帳されず、披見が許されなかったと記されている。

 徳川光圀が記した「鎌倉日記」(1674)では、この玉簾が尾張国・熱田社から納められたものだと伝えている。当時、日本で楊貴妃といえば熱田社といわれるほど。これも噂を後押ししたと考えられる。

 「中国から輸入された可能性が高いガラス。舶来のものという当時の物珍しさも手伝い、美人な楊貴妃が飾っていたに違いないと噂がたったのでは」と歴史を紐解く高橋さん。「本来は三重塔内のお堂を飾る御簾だったと考えられます」。しかしその評判は室町後期から江戸時代にかけて世に広まり、当時の人々を惹きつけたのだった。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

利用促進で飲食店支援

市補正予算案

利用促進で飲食店支援 経済

消費者に5%分還元

9月16日号

小幡正雄氏が死去

小幡正雄氏が死去 政治

11期42年、市議務める

9月16日号

畑を彩る「磯子区の花」

畑を彩る「磯子区の花」 社会

氷取沢町の農業専用地区

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

七志が「夢のらーめん」再現

お絵かきコンテスト

七志が「夢のらーめん」再現 社会

最優秀賞に汐見台小の宮田さん

9月16日号

金沢区民の作品募集

金沢区民の作品募集 文化

11月の文化祭で展示

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook