金沢区・磯子区版 掲載号:2015年7月16日号 エリアトップへ

「選手と共に育てられた」 今夏で勇退する横浜高校・渡辺元智監督を、仲間、野球人、家族の視点できりとる

スポーツ

掲載号:2015年7月16日号

  • LINE
  • hatena
この炊事場から選手を見守る
この炊事場から選手を見守る

 横浜高校野球部の寮で選手たちを食事面から支える渡辺元美さん(44)。渡辺元智監督の次女であり、昨年まで一塁手で活躍し、甲子園出場を果たした佳明選手(明治大)の母でもある。

 「小さい頃からここが我が家の生活の一部」と微笑む。選手と寝食を共にし、家にはほぼ帰ってこない父と会える場でもあった。「選手と共に育ててもらった」。生理整頓やマナーなど、生活の規律に厳しかったという監督。指導をそばで見るうちに自然に学んできた。

 「家でもスパルタ。靴を揃えてないと玄関から投げられたり」と笑う。それでも年に数日の休みを使い、旅行に連れ出す優しい父親の一面も。「約束の何十分も前に着くのが決まり」。出発予定のはるか前に空港に到着し、飛行機を変更したこともあったという。「何でもストイックで決めたことは必ず守る。職業病」と呆れるも、言葉に愛情がにじむ。

 記憶にあるのは、家に帰れば野球を観ていた父の姿だ。試合のビデオを見直し、戦術を立て、新聞で教え子の活躍を確認する――。野球一筋で50年貫いてきた父に「情熱とストイックさが途切れないのはすごいし、羨ましい」と尊敬の眼差しを向ける。何千人と送り出した選手も、ほぼ全員の名前を覚えているという。

 選手への思いがにじみ出る話がある。幼い頃は家族が球場に来ることは禁止されていた。「厳しく指導されている姿は見られたくないだろうという選手への配慮だったと母から聞いた」。毎年、県外出身者や寮に馴染めない選手などを自宅に住まわせていたこともあった。

 寮を手伝うようになったのも自然の流れだった。「感謝の言葉はない」と冗談めかすが、「忙しい日は早く寝ろと一言ぼそっと」。監督なりの心遣いだ。佳明選手も幼い頃から野球に囲まれて育った。「ない時間でよく二人でバッティングセンターに行っていた」。そんな孫の入部を心配していたという監督。始まりこそ、距離が掴めず衝突したが「今が一番良い関係」と嬉しそうに笑う。後輩たちの野球について話す二人の姿も。大学での孫の活躍を「ここまでになるとはなぁ、目標高く頑張れと応援しています」

 「家族は体が心配。引退の決断はほっとした方が大きいかな」と心境を明かす。「佳明の試合を観客席からぜひ応援してほしい。やっと時間がとれそうなので」

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月13日号

運転士乗務し、運転再開

シーサイドライン

運転士乗務し、運転再開 社会

通常の65%で運行

6月13日号

母子歯科口腔保健で連携

横浜市と市歯科医師会

母子歯科口腔保健で連携 社会

6月13日号

高田延彦さんが体育教室

高田延彦さんが体育教室 教育

小学生対象 日体大で6月30日

6月13日号

声かけで詐欺防ぐ

ファミマ追浜本町店

声かけで詐欺防ぐ 社会

金沢署が感謝状を贈呈

6月13日号

15日に100日前イベント

ラグビーW杯

15日に100日前イベント スポーツ

みなとみらい地区で

6月13日号

「活発に活動し活性化を」

「活発に活動し活性化を」 経済

磯子事業会が総会

6月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

七夕飾り

七夕飾り

23日 プララ杉田

6月23日~6月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク