金沢区・磯子区版 掲載号:2015年10月15日号 エリアトップへ

区内の名木古木【5】 称名寺の「ケヤキ」 男子誕生時は欅、女子は桐 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2015年10月15日号

  • LINE
  • hatena
称名寺のケヤキ
称名寺のケヤキ

 これから美しい紅葉の季節を迎えます。華やかなカエデやイチョウと違って、ケヤキの紅葉は、渋みのある大人の美を感じさせてくれます。ケヤキは金沢区内の街路樹に多く使用されており、散策時に紅葉を楽しむことができます。

 名木古木に指定されているケヤキは、長昌寺(3株)、称名寺(3株)、手子神社、白山神社、瀬戸神社、金龍禅院でみられます。

 ケヤキの由来は、気品のある樹形の様子から、「けだし、けやけき木」(明らかに優れている木)、また「顕著なる木」からつけられました。一般に漢字で「欅」と表しますが、万葉集には古名の「槻」で詠まれています。ちなみに欅は、中国でシナサワグルミを指しています。

 コルク形成層でつくられた樹皮は、雲紋状に剥がれる特徴があります。冬が近づくと、葉を落としますが、その前に小さな果実をつけたままの小枝が落ち、風に乗って中の種を遠くまで飛ばします。

 落葉樹の中では最も価値の高い木材の一つに挙げられ、屋根を支える丸い柱や、城門などに利用されてきました。

 昔からの日本の風習で、女子が生まれると将来の嫁入りタンスの材料にするため、桐を庭に植えます。男子の場合には、孫の代になって家を新築する時、大黒柱にするためケヤキを植えたといいます。これは両樹木の寿命の違いと、成長の速さの違いでしょう。
 

落葉は、小枝ごと
落葉は、小枝ごと

金沢区・磯子区版のコラム最新6

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月13日号

祖先返りの「葉」が現れる

金子さんの草花の不思議発見!第39回カイヅカイブキ

祖先返りの「葉」が現れる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

2月13日号

葉の表と裏の区別は?

金子さんの草花の不思議発見!第38回ネギ

葉の表と裏の区別は?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月23日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月16日号

2020年(庚子)は「生まれ変わりの年」

コラム 算命学教授に聞く

2020年(庚子)は「生まれ変わりの年」

1月1日号

赤い部分は葉の一種

金子さんの草花の不思議発見!第37回ポインセチア

赤い部分は葉の一種

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月1日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク