金沢区・磯子区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

フィギュア・青木さん 大舞台で学び、夢つなぐ 全日本選手権に初出場

スポーツ

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

 昨年末に行われた「全日本フィギュアスケート選手権」。トップスケーターが集う憧れの舞台に、富岡中学2年の青木祐奈さんが立った。総合155・84点で16位。「出場は夢であり目標。良い経験になった」。ほろ苦いデビューをそう振り返るが、期待の14歳は最速で、夢を叶え始めている。

◇  ◇

 「毎年テレビで見ていた光景。自分が出ている!」――コールを受け銀盤に飛び出すと、大観衆の声援と喜びに包まれた。「演技を楽しもう」。観客を楽しませるためにはまず自ら。いつも心におく信念だ。満足の演技に、SP(ショートプログラム)を終えると自然とガッツポーズが。この時点で9位につけた。

 FS(フリースケーティング)は、浅田真央選手がソチ五輪でインパクトを残したラフマニノフ。「良い部分を取り入れ、自分のものにできるよう研究した」と話す。だが、武器の3回転ルッツ+3回転ループは回転不足に。転倒などのミスも重なった。「SPが良くても切り換えないとだめだ」。学びが多い大会だった。

 「完璧なら堂々とできたが、恥ずかしかったかな」。滑走順上、浅田選手は自分の演技を見ていたはず。「真央ちゃんの滑りは大人で、もっと見たいと思わせる。ジャンプだけでなく、スケーティングでも魅せられるようになりたい」。悔しさや憧れを力に変えていく。

◇  ◇

 キスアンドクライで見せる笑顔が印象的だ。だが「終わったら裏で大号泣」と笑う。悔しさ、泣き顔は人前で見せない。同世代で注目の白岩優奈選手、本田真凛選手とは大の仲良しだ。「優奈ちゃんはジャンプ全てを決め、真凛ちゃんは表現力がすごい」。スケートについて話すことはほぼないが認め、高め合う仲間だという。

 原点となった、トリノ五輪の荒川静香選手の演技は時おり見返す。「今見ても感動する。それがスケートの魅力」。今度は自分が感動をつくりたい。その目標を叶えるように、「感動した」と声がかかることも増えてきた。学校では「1年生の女の子が、ファンですと手紙をくれたことが嬉しかった」と笑みがこぼれる。

 「体力とジャンプの確率」。課題はすでに見つかった。ひとつずつクリアし、夢にまた一歩近づいていく。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

フードドライブを応援

神奈川県

フードドライブを応援 社会

啓発ロゴと動画作成

10月21日号

金澤湊 描いた個展 

坂下昿吉さん最後のシリーズ

金澤湊 描いた個展  文化

中区GALERIE PARISで

10月21日号

「まち並サロン」オープン

「まち並サロン」オープン 社会

並木3丁目に交流の場

10月21日号

ひざ痛解消の本 5人に

ひざ痛解消の本 5人に 社会

たかこ整骨院の院長が執筆

10月21日号

大会参加者を募集

ターゲット・バードゴルフ

大会参加者を募集 スポーツ

11月5日、初心者歓迎

10月21日号

宝くじで商品ゲット

磯子区商連

宝くじで商品ゲット 経済

62店舗で配布中

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook