金沢区・磯子区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

南極の美と厳しさ語る 小田小出身・宮道さん

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
東オングル島迷子沢のほとりで見上げるオーロラ=本人提供
東オングル島迷子沢のほとりで見上げるオーロラ=本人提供

 初の平成生まれの越冬隊員として南極に渡った、第55次日本南極地域観測隊・宮道(みやじ)光平さん(26)の講演会が3月24日、金沢地区センターで行われた。

 講演では南極大陸までの道のりや隊員の活動内容、気象や天文現象について映像を駆使して説明。南極の厳しさや美しさを伝えた。また隊員の防寒着や氷なども展示。最後に「なぜ?や不思議を大切にしてほしい。答えが分からない時は『とにかくやってみなはれ』」と、第一次越冬隊の西堀栄三郎氏の言葉を用いてメッセージを送った。

自然との共存を再認識

 6歳から18歳までを金沢区で過ごした宮道さんは、小田小学校出身。茨城大学へ進むと、一足先に南極へ渡った先輩の言葉に魅了され「知らない世界を知りたい」と観測隊員を志した。

 活動期間は2013年11月から15年3月。オーロラ観測が主な仕事だ。「渦巻いて降り注いでくる感動」。活動の合間でオーロラの下で寝そべり、自然に身をゆだねることも。「辺りが全くの無音になるんです」

 美しさばかりではない。真冬の6月にはマイナス40度を下回る日もあるのが南極。「消火訓練の際、前回よく乾かさなかったために弁が凍って水が出ないことが。これが本当の火災だったらと思うと怖い」と振り返る。「日本の当たり前は通用しない」。建物の設営、火災など万が一の緊急事態や救命救急、全てを隊員のみで対処しなければならない。「就業時間後も常に気を張っている状態。自然と共存し、または抗いながら生きていると実感した」

 今後も南極体験を伝えていく予定。南極観測の現状や日本の技術を発信する「使命がある」という。「宇宙飛行士のように、子どもの憧れの活動になれば。夢を与えたい」と熱をこめた。

南極の氷に触る
南極の氷に触る

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

金沢区から「自家焙煎珈琲工房ちろりや」が高島屋に出店

【Web限定記事】

金沢区から「自家焙煎珈琲工房ちろりや」が高島屋に出店 経済

横浜市内商店街の10店舗が期間限定で

9月23日号

2日間の期日前投票者数は1324人

【Web限定記事】横浜市議会議員補欠選挙(磯子区)

2日間の期日前投票者数は1324人 政治

9月23日号

配達一時休止も再開

磯子郵便局

配達一時休止も再開 社会

9月23日号

「海まちさんぽ」リニューアル

シーサイドライン沿線情報を発信

「海まちさんぽ」リニューアル

9月23日号

自宅療養者に支援物資

自宅療養者に支援物資 社会

松本食品が無料配送

9月23日号

秋風に揺れる華麗なバラ

【web限定記事】

秋風に揺れる華麗なバラ 文化

ヴェルニー公園で開花

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook