金沢区・磯子区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

安産の道 ママへのススメ9 協力:山本助産院 担当:高橋景子助産師

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena

 「妊娠がわかってからなんとなくイライラする」「些細なことで涙が出てしまう」「気分が落ちこんで、やる気が出ない」――こんな症状を経験したことはありませんか?

 大なり小なり同じような体験をしているママは多く、一般的に「マタニティブルー」と呼ばれています。妊娠によるホルモンバランスのくずれから起こるといわれています。

 頭でわかってはいても経験してみるとなかなか辛いもの。症状を軽くするには、パートナーや、気心のしれた妊婦さん同士で話をして気分転換するのがおすすめです。疲労やストレスをためないように周囲の人たちに理解を求めることも大切。お腹が張らなければ、適度に身体を動かすのがよいでしょう。そして産後は、昼夜ない生活パターンと慣れない育児で疲労がたまりやすくなります。なるべく家事を他の人に分担してもらい身体を休めましょう。

 横浜市では「産前産後ヘルパー派遣事業」を行っていますので、家事の手伝いがない人はこうしたサービスの利用もおすすめです。赤ちゃんのこと、おっぱいのことなど不安に思っていることは助産師に聞いてください。山本助産院では、ねんねの赤ちゃんといっしょに過ごせる横浜市広場事業「たんぽぽ」を併設しています。赤ちゃんをスタッフに抱っこしてもらい、お茶を一服するとホッと一息できます。他のママとのお喋りや体調がよければ、産後のヨガ、エクササイズでリフレッシュを。辛い症状が長引いているときにも助産師に相談してください。ママが笑顔になれる方法を一緒に考えていきましょう。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

子育てって、楽しい♪

花はレッドワインの香り

金子さんの草花の不思議発見!第47回 クズ

花はレッドワインの香り

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月8日号

子育てって、楽しい♪

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 経済

9月17日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始

9月10日号

ターボエンジンの光合成

金子さんの草花の不思議発見!第46回 エノコログサ

ターボエンジンの光合成

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク