金沢区・磯子区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

区内の街路樹【6】 「シダレヤナギ」 幽霊は柳の下に出る 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
長浜公園のシダレヤナギ
長浜公園のシダレヤナギ

 歌で有名になった東京の「銀座の柳」は、明治17年に街路樹として植えられた「シダレヤナギ」です。その後ヤナギは挿し木が簡単なので全国的に広まり、街路樹や公園樹として利用されるようになりました。金沢区内でもヤナギの街路樹は柳町で見られます。

 シダレヤナギは中国原産の雌雄異株で、古い時代に雄株のみ日本に入ってきたため、全国的にほとんど雄株のみが存在しています。雄株の方が3m以上長く枝垂れ、美しい樹形になるため植えられました。

 さて、夏にちなんだ幽霊のお話、幽霊はなぜ柳の下に現れのでしょうか。昔からヤナギは神霊を降臨させる力があるといわれ、「陽」の代表の木となりました。一般に神の依り代となる木は常緑樹で、落葉樹のヤナギは例外。ヤナギはどの木よりも春の芽吹きが早く、「陰」の冬を送り「陽」の春を迎える木であること、挿し木で簡単に増えること、生長が早く生命が旺盛であること等から、美しく枝垂れる姿は神の降臨にふさわしい木と感じたのでしょう。また水辺を好むヤナギは、この世と異界の境の象徴とされ、幸せや霊魂を呼び寄せる力を持っていると思われます。「柳に幽霊」もその一つで、この世は全て陰と陽から成り立ち、陰陽が相整うように、水神の化身である陰の幽霊は、陽の木であるヤナギの下に現れるわけです。

 次回は「プラタナス」の予定です。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

「ウシウシウッシッシ」

「ウシウシウッシッシ」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

 新年コラム 算命学教授に聞く

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

1月1日号

葉を噛むと歯が欠ける?

金子さんの草花の不思議発見!第49回 カクレミノ

葉を噛むと歯が欠ける?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

12月10日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク