金沢区・磯子区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

季節の花㉖ 「カラムシ」今は雑草化 越後上布 薩摩上布の材料 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
カラムシの雄花序(能見台不動池)
カラムシの雄花序(能見台不動池)

 区内の道端や繁みの縁などで普通に見られる「カラムシ」は、背丈1〜2mの大型の草本です。大きな葉で、裏が白く直ぐにわかります。古くから繊維を採るための栽培植物でしたが、戦後は利用されなくなり、野生化していきました。

 茎を蒸して表皮を剥ぎ取り、細い繊維にしていきます。名の由来は、茎を蒸すことから「茎蒸し」→「乾蒸し」となりました。古くは「苧麻」(ちょま)ともいい、弥生時代の遺跡からカラムシで織った布が発見されています。カラムシの繊維は細く美しい光沢があり、麻と比べると「月とスッポン」で、奈良時代の織物では最高級品として扱われました。現在でも越後上布や薩摩上布の原料として利用されています。

 9世紀頃になると、ワタから採れる木綿が渡来して普及したため、カラムシが顧みられなくなり、次第に栽培畑から逸脱し、野生化(雑草化)していきました。第2次世界大戦中の物資の乏しい時代には、カラムシを採取して軍に供出したといいます。

 花は茎の上部に雌花序、下部に雄花序をつけますが、あまり目立ちません。葉の表面は緑色で毛はなく、裏面は白い毛が密生し白く見えます。区内で見られるカラムシと同じ仲間には、ヤブマオ、コアカソ、ラセイタソウ等数種がありますが、お互いに雑種を作り区別が難しくなりました。

 次回は「カヤ」の予定です。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)1月 寒さに負けず冬こそ運動を

1月20日号

「トラのつく動物たち」

「トラのつく動物たち」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)12月 お酒は楽しい気分で

12月9日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)11月 油分のある温かい食事で乾燥対策

11月11日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)10月 「食欲の秋」も腹八分で

10月7日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)9月 「お月見散歩のススメ」

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook