金沢区・磯子区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

伝統技術を次代へ 横浜芝山漆器 唯一の講習会

文化

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena
芝山を教える宮崎さん
芝山を教える宮崎さん

 横浜開港資料館(中区)で企画展「明治のクール・ジャパン 横浜芝山漆器の世界」が10月23日(日)まで開催されている。貝や象牙などを漆器の表面にはめ込み、花鳥人物を浮かび上がらせる横浜芝山漆器。その伝統の技術を教える唯一の講習会が、区内の横浜市工業技術支援センター(福浦)で行われている。

 横浜芝山漆器は、横浜開港とともに欧米諸国で注目され、その精巧さと優美さで人気を博してきた。作品製作には木地師、塗師、蒔絵師、芝山師、彫込師、内張師ら複数の職人が関わる。最盛期の明治時代には、市内に職人が数百人いたといわれる。だが、関東大震災や横浜大空襲で町が崩壊し職人が離散、次第に衰退していった。

 横浜芝山漆器研究会はこうした状況を危惧し、技を絶やさないようにと約35年前に講習会を立ち上げ、芝山(象牙や貝などの彫刻)や漆塗りの技術を伝えている。

 芝山を教える宮崎輝生さん(80)は、現在ほぼ唯一の存在となった芝山師だ。かつての賑やかさを懐かしみながらも、「一人ですべての行程をこなすのは、大変な仕事」と次代に繋ぐ難しさを話す。

 区内外から会に通う生徒は32人。月1回程度、京都府から通う郡奈々子さん(34)は、芝山象嵌を習いたいとインターネットで探し、この講習会にたどり着いた。「子どもや孫の代になった時に日本の技術が絶えてしまうのは、寂しい。宮崎先生の域には到底到達できないが、習った生徒が集まれば何十分の1くらいにはなるはず」と話す。継承の心は確実に育っている。

繊細な芝山細工
繊細な芝山細工

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

健康につながる脳トレ実践

健康につながる脳トレ実践 社会

横浜南法人会がセミナー

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

金沢・磯子から4品紹介

5月19日号

段ボールで異世界創る

段ボールで異世界創る 文化

金沢区釜利谷東のIkkaさん

5月19日号

地域SNSで情報共有

地域SNSで情報共有 社会

磯子区がピアッザと連携

5月19日号

高校生の留学支援

高校生の留学支援 教育

市、最大で40万円補助

5月19日号

横浜市スポーツ栄誉賞に

フィギュア鍵山選手

横浜市スポーツ栄誉賞に スポーツ

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook