金沢区・磯子区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

名木古木【10】 金龍院の「エノキ」 信長発案の街道一里塚 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
金龍院にある名木古木のエノキ
金龍院にある名木古木のエノキ

 昔の街道には一里(約4Km)毎に塚をつくり、エノキ(マツを代用することもある)が植えられていました。この一里塚にエノキを植えることを企画したのは、織田信長でしたが、日本橋を起点に設定したのは徳川家康だと言います。信長が家来に「よのきを植えよ」(余の木、適当な木)と命じたのを、家来が聞き違え、エノキが植えられました。

 エノキは古くから天空の神々が降りてくる木とされおり、前川文夫によると、エノキに霊力を感じ道路の守護に奉られ、神が降臨する「タタエノキ」の代表的な樹木でした。そしてこのタタエノキの「タタ」が取れて、「エノキ」の名が残りました。

 柳田国男の「神樹編」で、特殊な霊力があるといわれる理由として、ヤドリギがよく寄生するエノキに、不可思議な力を信じ、また幹には大きな空洞ができやすく、そこに神が宿ると考えたからだと述べています。さらに全国的に「ヨノキ」「ヨノミノキ」等と呼ばれており、嘉樹(ヨノキ→めでたい木)の意味をエノキの語源にしています。この他、名の由来に「柄の木」「枝の木」「餌の木」等あります。エノキは春に花が咲き、秋に小さな球形の赤褐色の実をつけ、暗紫色に熟すと干し柿のような甘味で、食べられます。公園樹や庭木として普通に見ることができます。

 次回は「モミジバフウ」の予定です。
 

エノキの果実
エノキの果実

金沢区・磯子区版のコラム最新6

溢れる肉愛で旨さ探求

溢れる肉愛で旨さ探求 社会

加藤牛肉店代表取締役 加藤敦さん(55)

5月7日号

地域と共に豊かな社会を

地域と共に豊かな社会を

(株)サカクラ(磯子区岡村)

4月29日号

社員が誇れる会社に

社員が誇れる会社に 社会

三親住設株式会社代表取締役社長 奥村佳正さん(52)

2月4日号

子どもの「学び」支える

子どもの「学び」支える

株式会社神奈川銀行

2月4日号

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter