金沢区・磯子区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

名木古木【10】 金龍院の「エノキ」 信長発案の街道一里塚 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
金龍院にある名木古木のエノキ
金龍院にある名木古木のエノキ

 昔の街道には一里(約4Km)毎に塚をつくり、エノキ(マツを代用することもある)が植えられていました。この一里塚にエノキを植えることを企画したのは、織田信長でしたが、日本橋を起点に設定したのは徳川家康だと言います。信長が家来に「よのきを植えよ」(余の木、適当な木)と命じたのを、家来が聞き違え、エノキが植えられました。

 エノキは古くから天空の神々が降りてくる木とされおり、前川文夫によると、エノキに霊力を感じ道路の守護に奉られ、神が降臨する「タタエノキ」の代表的な樹木でした。そしてこのタタエノキの「タタ」が取れて、「エノキ」の名が残りました。

 柳田国男の「神樹編」で、特殊な霊力があるといわれる理由として、ヤドリギがよく寄生するエノキに、不可思議な力を信じ、また幹には大きな空洞ができやすく、そこに神が宿ると考えたからだと述べています。さらに全国的に「ヨノキ」「ヨノミノキ」等と呼ばれており、嘉樹(ヨノキ→めでたい木)の意味をエノキの語源にしています。この他、名の由来に「柄の木」「枝の木」「餌の木」等あります。エノキは春に花が咲き、秋に小さな球形の赤褐色の実をつけ、暗紫色に熟すと干し柿のような甘味で、食べられます。公園樹や庭木として普通に見ることができます。

 次回は「モミジバフウ」の予定です。
 

エノキの果実
エノキの果実

金沢区・磯子区版のコラム最新6

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

多様な彩りを見せる果実

金子さんの草花の不思議発見!第48回 ノブドウ

多様な彩りを見せる果実

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

11月5日号

子育てって、楽しい♪

高品質な工事 使命に

高品質な工事 使命に

宮本土木株式会社 代表取締役 其田 和之さん(58)

10月29日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める

10月29日号

花はレッドワインの香り

金子さんの草花の不思議発見!第47回 クズ

花はレッドワインの香り

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク