金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

黒クッキーで地域に感謝 釜小元6年2組が未来商店

教育

竹炭クッキーをPRする田子さん、山路さん、中西さん、天野さん(右から)
竹炭クッキーをPRする田子さん、山路さん、中西さん、天野さん(右から)
 3月30日、金沢文庫のふれあい広場(笹下釜利谷線高架下)で釜利谷小学校6年2組の児童(当時)が第2回「金沢こども未来商店」を開いた。道行く人々に無料で配ったのは、竹炭パウダーを使った真っ黒なクッキーとオニオンスープ。「1回目に開いた未来商店で、販売したコロッケが品切れになってしまった。前回、食べられなかったお客さんにプレゼントしたかった」と開催の動機を話す。

地元の歴史伝えたい

 「かつて釜利谷では玉ねぎ栽培と炭焼きが盛んだった」――。昨年、総合の授業でそんな地元の歴史を知った児童たちは、自ら調査を進め、学びを深めていった。例えば、竹で炭を作っている「かなざわ森沢山の会」に話を聞いたり、自分たちで炭焼きに挑戦したり、作った竹炭を畑に撒いて玉ねぎをつくったり…。さらに、多くの人に知ってもらうため、竹炭パウダーで新商品を作ることを思いついた。実現のため、市の「はまっこ未来カンパニープロジェクト」に応募。栄区の惣菜店「浜コロ」の協力を得て、中身が真っ黒な「竹のコロッケ びっくり腹黒くん」を開発した。

 「こんなに調理室を使った6年は初めて」と担任の桐山智教諭。1月28日に開催した未来商店では、1個60円のコロッケ600個が約1時間で完売した。児童たちは、「売ってみて、商売の厳しさや物を売る責任を学んだ」「めちゃくちゃ楽しかった。後輩にもつながれば」「自分たちの目的は町おこし。先生や協力してくれた人がいたからできた」など感想を話した。

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク