金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

(PR)

ビアレヨコハマ開店30周年記念インタビュー 最優先は「地域との協調」 (株)金沢商業開発 取締役会長 大倉忠夫

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena

 イオンを核とした本館と、バラエティ豊かな20店舗を揃えた新館からなる「ビアレヨコハマ」(金沢区並木)。今年3月で誕生から30周年を迎えた。これまで地元・金沢区だけでなく、磯子区や港南区など横浜市南部の生活を支えてきたビアレヨコハマの、地域への思いとは。次に思い描く青写真とは――。創業者の大倉忠夫会長(86)に話を聞いた。

◇  ◇

 ―1987年の開店以来、地域に根差し30年が経ちました。

 「街の方々の協力や支えがあって今があると思っています。まずは、心より感謝申し上げます。

 横浜市の六大事業として金沢地区の埋め立て計画が進みだした、1972年。新たな土地で生活を始める人々のため、15年後に誕生したのが本館です。以来、ビルの中に市道を通したり、その18年後に開店した新館に「ユニクロ」「西松屋」「しまむら」の御三家を一堂に集めたりと、”日本初”を実現してきました」

 ―いつも未来を見据えた計画を持って、行動されていると聞きました。

 「常に把握していなければならないと思うのが、時代の変化や地域のニーズ。待機児童が問題になった際は、横浜市で初めて商業施設内に保育園を開園しました。東日本大震災直後には、津波避難施設として認定を受けました」

 ―この先、更なる発展のために必要なことはどんなことでしょうか。

 「振り返ればこの30年は水の流れのごとく過ぎてしまったように感じます。最も大切にしてきた理念は”地域協調型”。これは昔もこれからも変わりません。地元の人材を生かし、街も店も全てが良くなるような豊かな地域づくりを支えたいと努めてまいります」

 ―最後にメッセージを。

 「これからの本館はイオンを核としてますます地域の皆様に愛される施設に、そして新館は一つのブランドとなるよう、他にない魅力をどんどんつくり出していきます。5年先、10年先も地域を潤す施設を目指しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます」

ビアレヨコハマ

横浜市金沢区並木2-13-7

TEL:045-787-5100

http://www5a.biglobe.ne.jp/~viale/

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

新小4年の入塾説明会

啓進塾

新小4年の入塾説明会

私立中受験で人的成長促す

10月17日号

屋根や雨どい等の修理が無料の場合も

《最近、台風被害に遭われた方必見!》

屋根や雨どい等の修理が無料の場合も

あなたの家の破損、「火災保険」で直せるかも!

10月17日号

不動産オーナー向け無料セミナー

相続・空家・入居者トラブル

不動産オーナー向け無料セミナー 経済

ウスイホーム主催で2会場

10月17日号

人工関節は最終手段

「次の方どうぞ」VOL.1

人工関節は最終手段

取材協力/汐見台病院整形外科

10月17日号

損壊、雨漏り屋根工事に即対応

損壊、雨漏り屋根工事に即対応

台風被害 火災保険適用も

10月17日号

仲介会社が直接、物件買取をしてくれる

不動産の資産活用術46

仲介会社が直接、物件買取をしてくれる

10月17日号

掃除の技術、身につけませんか

掃除の技術、身につけませんか

60歳以上対象 無料体験会

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク