金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第9回 金沢八名木と金沢四石 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

称名寺の美女石
称名寺の美女石

 江戸時代の始め金沢八景が有名になり訪れる人も多くなると金沢八名木や金沢四石が観光名物として花を添えた。

 金沢八名木は、青葉の楓・西湖梅・黒梅・桜梅・文殊桜・普賢象桜・蛇混柏(じゃびゃくしん)・雀が浦の一本松を言うのが一般的だ。始めの六名木は称名寺の境内にあったが、長い年月で青葉の楓が若木に受け継がれている以外すべて絶えてなくなった。瀬戸神社の蛇混柏は延宝八年(一六八〇)の大風で倒れたが、腐食せず今も名木の面影を伝えている。雀が浦は現在の横浜創学館高校付近で、岩上に美しい姿の一本松だったようだ。雀が浦一帯は埋め立てられ跡形もなくなった。この八番目の名木は君が崎の一つ松や能見堂の筆捨松が当てられることもあった。

 金沢四石は、美女石・姥石・福石・飛石である。美女石と姥石は称名寺境内の阿字ヶ池にあったが現在は美女石のみである。お姫様が散歩中池に落ち、助けようとした姥も溺れ二つの石になったという伝説がある。琵琶島神社参道入口にある福石は源頼朝が瀬戸神社に祈願の際、平潟湾でみそぎをした時に衣服をこの石に掛けたといわれ服石とも言う。ここで物を拾うと福を得る言い伝えもある。飛石は、金沢八景駅近くの金龍禅院の裏庭にあり、伊豆の三島明神が飛んできて、この石の上に舞い降りた伝説がある。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

果物の頭はどこ?

金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

果物の頭はどこ?

2月15日号

富岡に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

富岡に残る戦跡

2月8日号

物語でめぐるわが街

著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

物語でめぐるわが街

2月8日号

野島に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第20回

野島に残る戦跡

2月1日号

区別するポイントは「果実」

金子さんの草花の不思議発見第8回 サザンカとツバキ

区別するポイントは「果実」

2月1日号

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク