金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

デビュー 祝 20周年 ゆずの素めぐり 磯子区岡村 岡村天満宮

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 横浜が生んだアーティストゆず。始まりの場所をめぐり、彼らのわだちを辿ります。嗚呼、青春の日々を過ごしたふるさとにゴーイングホーム。

 かつて横浜松坂屋の屋上にあった大きな「ゆずの壁画」。閉店に伴い壁画の行方が心配される中、名乗りをあげたのは地元岡村の有志=写真上=だった。設置場所探しに奔走する中、岡村天満宮が移設を快諾。「ファンの子たちが(壁画がなくなってしまうのではと)心配していると聞いて」と、宮司の杉原紳元さん。鎌倉時代からの歴史ある神社が、新たなる”聖地”となった瞬間だ。

 境内にある「岡村幼児園」はゆずの岩沢厚治さんが通っていた保育園。同園の園長も務める杉原さんをはじめ、当時担任だった先生は揃って「目立つ方ではなく大人しい子だった。でもいつもニコニコ笑顔で。大人になっても変わらない」と振り返る。また園長いはく、「保育士さんの中にはゆずファンが多い」という興味深いデータも。実際、同園の保育士で権禰宜(ごんねぎ)の伊藤直晃さん(同園の卒園生!)も、ファンクラブに加入する正真正銘のゆずっこ。ファンと同じ目線で、温かく迎えてくれる。

 8月24日と25日には地元の夏祭りとして親しまれる「岡村天満宮例大祭」が開催。「♪天神様の牛撫でて願いを託した夏祭り」と歌詞にある『スマイル音頭』は、発売された2003年から園児たちの盆踊りの定番曲に。初お披露目の際には北川悠仁さんが家族と一緒に見に来てくれたとか。25日は岡村中学校吹奏楽部の演奏もあり、ゆずっこも楽しめる2日間になりそうだ。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月14日号

刺抜きの特効薬?

金子さんの草花の不思議発見!第36回ニシシギ

刺抜きの特効薬?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

11月14日号

バス路線「ピアライン」が誕生

バス路線「ピアライン」が誕生

桜木町〜新港ふ頭を結ぶ

11月7日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

IRと横浜

10月31日号

「芙蓉」はハス・スイレンを指す

金子さんの草花の不思議発見!第35回フヨウ

「芙蓉」はハス・スイレンを指す

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月31日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

10月24日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク