金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第10回 徳川家康と金沢 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

現在の権現山からの風景
現在の権現山からの風景

 金沢八景駅のホームから見えた茅葺きの家を覚えておられるだろうか。今は解体中だが、金沢八景西公園(仮称)の整備に伴い再築される予定になっている。

 この建物は円通寺の客殿で、奥には徳川家康(東照大権現)を祀った東照宮があった。その裏山は権現山と呼ばれている。円通寺は東照宮を管理する寺(別当寺)だったが、一八七八年(明治十一年)に、神仏分離令により廃寺になり、同時に東照宮は瀬戸神社に合祀された。

 一六〇〇年六月十六日、徳川家康は会津征伐のため、大阪を出発した。鎌倉から朝比奈峠を越え、七月一日に金沢で一泊している。「家康公は、その時ご覧になった権現山の山頂からの金沢の風景の美しさを絶賛された。駿府に隠退後も、金沢に寄られた時には、その眺望を楽しまれた。そのことを家康公から聞かれていた二代将軍秀忠は、家康公のために金沢に御殿を計画したが、一六一六年の家康公ご逝去のため、代官に命じて、御殿の代わりに東照宮を建立させた」と、代々、東照宮神官兼円通寺住職を務めてきた木村家の口伝で、東照宮建立の経緯を伝えている。

 江戸城には、現存していないが、金沢の風景を描いた何枚もの襖絵があった。今、金沢区役所の一階には、野島を中心に描かれた襖絵の下絵をもとに復元されたものが展示されている。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

果物の頭はどこ?

金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

果物の頭はどこ?

2月15日号

富岡に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

富岡に残る戦跡

2月8日号

物語でめぐるわが街

著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

物語でめぐるわが街

2月8日号

野島に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第20回

野島に残る戦跡

2月1日号

区別するポイントは「果実」

金子さんの草花の不思議発見第8回 サザンカとツバキ

区別するポイントは「果実」

2月1日号

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク