金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

デビュー 祝 20周年 ゆずの素めぐり 磯子区岡村 岡村公園

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 横浜が生んだアーティストゆず。始まりの場所をめぐり、彼らのわだちを辿ります。嗚呼、青春の日々を過ごしたふるさとにゴーイングホーム。

 今から20年前、デビュー間もないゆずが地元住民を集めてライブを行ったゆかりの地が、岡村公園内の野球場。見込みをはるかに上回る6千人が押し寄せた「岡村の歴史に残る伝説のライブ」だ。MV(ミュージックビデオ)に登場したフェンスや、売れる前の2人が同公園駐車場の車内で練習したというエピソードが語られる”聖地”では、ギター片手に訪れるファンも少なくない。

 「もう一度ゆずさんに来てもらえたら」と願うのは清水るみ所長。「岡村に来た思い出に」と2015年、横浜スタジアムの弾き語りライブに合わせファンイベントを初めて企画。「イラスト展や顔出しパネルの設置など驚くほど来てくれた」と嬉しそうに笑う。昨年は野球場を開放して「ゆずっこ歌合戦」を開催。全国から参加した20組が、それぞれの思いをのせゆずの曲を熱唱した。「不思議なことに曲がかぶらないんです」

 20周年の今年はデビューシングル『夏色』の発売日である6月3日に、ゆずの苗木を植樹した。事務所前2本と野球場外周3本、『夏色』の一節が刻まれるなど、1枚ずつ絵柄が異なる樹名板も設置された。11月には好評のイラスト展や野球場でゆずの歌を歌うイベント(11月4日)も実施予定だ。

 清水所長が大切にしたいのが「地元・岡村と一緒に」ということ。「ゆずさんの故郷を、地域やファンと一緒になって盛り上げ、応援していきたい」。20周年をきっかけにまた絆を強めながら応援の輪を広げていく。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

アサガオの花弁は何枚?

金子さんの草花の不思議発見!第33回アサガオ

アサガオの花弁は何枚?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

9月5日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

堀割川を屋形船でめぐる

堀割川を屋形船でめぐる

11月10日 魅力づくり団体主催

11月10日~11月10日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク