金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第11回 水戸黄門、瀬戸橋に上陸 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

今も残る榎地蔵
今も残る榎地蔵

 テレビの人気番組「水戸黄門」は創作で、黄門様は水戸藩を出れば大名行列で、歩き旅は殆どしていない。唯一とされるのが延宝二年(一六七四)、房総から鎌倉へ義母の祀られる英勝寺を訪ねた旅で、自身で書いた「鎌倉日記」に記している。

 上総湊から船で瀬戸橋に上陸、瀬戸明神、称名寺を訪ね、「西湖梅白シ」と八名木を楽しみ、徒然草の甲香、唐船で来た名物猫にも言及している。

 その後能見堂に上り、「海上ノ遠近ノ境地残ラズ見ユル天下ノ絶景也」と讃え、八景も詳しく説明を聞く。能見堂を下りて六浦浜で照天姫の話と侍従川、相武州の境の地蔵を見て朝夷奈切通を通り、鎌倉の塩嘗地蔵から光触寺に入った。

 金沢は僅か一日だったが土地の人達と話し自分の足で歩いた黄門らしい旅だった。

 鎌倉日記には書かれて無いがこの時と思われる伝承が、金沢に伝わる。乙舳海岸の近くにお地蔵様が祀られ信仰を集めお賽銭も沢山集まると聞くと、黄門は農民が騙されているとお地蔵様を海に捨てさせた。黄門は自藩内で布教もせず民を惑わせる寺院を七百寺程破却させている。しかし土地の人は困って、黄門が戻ったら水戸の海岸に流れて着いて返して来たとして海から拾い上げ、今でも榎地蔵として祀っている。後に金沢八景を命名した渡来僧「心越禅師」を長崎から水戸に招き祇園寺を開山させ、正しい仏教は手厚く保護した。なお、漫遊記の介さんこと佐々介三郎も調査で称名寺を訪れている。
 

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

果物の頭はどこ?

金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

果物の頭はどこ?

2月15日号

富岡に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

富岡に残る戦跡

2月8日号

物語でめぐるわが街

著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

物語でめぐるわが街

2月8日号

野島に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第20回

野島に残る戦跡

2月1日号

区別するポイントは「果実」

金子さんの草花の不思議発見第8回 サザンカとツバキ

区別するポイントは「果実」

2月1日号

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク