金沢区・磯子区版 掲載号:2017年10月5日号 エリアトップへ

第2回 虫こぶ(虫癭(ちゅうえい)) 金子さんの草花の不思議発見 葉にできる不思議な瘤(こぶ) 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2017年10月5日号

  • LINE
  • hatena

 前回に述べたように、大昔から虫と葉とは「食う、食われる」の関係が続いていました。しかし中には、葉をそのまま食べるのではなく、写真のような瘤を作る虫もいます。こうした瘤を「虫こぶ」といいます。

 虫こぶはハエやハチ等が、草木の新しく柔らかな芽、葉、蕾等に産卵した時、植物の組織を刺激したため、部分的に組織を増やし、膨れてできたものです。孵化した幼虫は、この中で栄養をとり、外敵から身を守りながら大きく成長し、巣立っていきます。虫こぶ自身はある一定の大きさになると、それ以上は大きくなりません。

 虫こぶをつくるのは他に、アブラムシ、カイガラムシ、ダニ、線虫等いろいろですが、バクテリア、菌類、ウイルス、細菌等でもできます。またこうした虫たちは、それぞれ決まった草や木を選びます。

 写真のイスノキは、アブラムシの仲間によってできた虫こぶで、虫が出ていった後は空洞化し、風が吹くと笛の音のように「ヒューヒュー」と鳴ので、別名「ヒョンノキ」「猿笛」と呼ばれています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク