金沢区・磯子区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

FIREBALL 「いつか地元でライブを」 〜母校・浜中への思い語る

文化

 今年で結成20周年を迎えた横浜発のレゲエアーティストグループ「FIRE BALL」。異なるカルチャールーツを持つ4人のメンバーが創る楽曲は、常に日本のレゲエシーンをリードしてきた。メンバーのCHOZEN LEEさんとJUN 4 SHOTさんは浜中学校の同級生。2人に当時の思い出や地域への思いを聞いた。



――中学時代から仲が良かった?

LEE―クラスは違ったけど保健体育の授業で隣の席でした。俺はノートに落書きとか書いていて。隣にいたなーって。物覚えはいい方じゃないけど、人との出会いはすごく覚えている。

JUN―なんとなく覚えている(笑)。でもクラスも部活も別だったし。そんなにしょっちゅうは遊ばなかったね。

LEE―部活はJUNがバスケで。自分は、入学式の歓迎演奏ですごい感動して吹奏楽部に。顧問の先生が良くて、音楽に対する姿勢はめちゃくちゃ厳しかったけど、音楽の楽しい部分を教えてくれた。先輩は上手じゃない人、いなかったね。

JUN―でもみんなヤンキー(笑)。

LEE―そう。見かけは超ヤンキーなのに、演奏するとバシッと決まる。そういうのもかっこよかった。

JUN―LEEはその頃の音楽のバックグラウンドがあるから、俺に見えない音が見えている気がする。

LEE―浜中の桜並木、きれいだったなあ。

――2人にとって地元はどんな町ですか?

LEE―色で言うと茶色?

JUN―若い時は、この町を出なきゃここで終わっちゃうって思っていた。久しぶりに杉田周辺にくるとやっぱりいい。同級生が根を張って生活していて。安心します。面白い町。

LEE―自分は今、杉田に住んでいるけど、一旦、町を離れて戻ってきている人は多いですね。伝えたいのは、杉田は意外にグルメタウンということ。食べ物がうまい。

――地元でのライブは?

LEE―ぜひしてみたい。杉田劇場とか。地元のお祭りとかイベントも面白そう。

JUN―うん。やりたいね。呼んでほしいです。

――中学生にメッセージをお願いします。

LEE―みんなそれぞれ違うだろうけど、打ち込んでいるものがあれば、とことん突き詰めて欲しいです。きっと後々、つながるから。あと、自分の知らない世界でも大したことはないので、『ビビることはない』ってことかな。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金井宇宙飛行士と交信

はまぎんこども科学館

金井宇宙飛行士と交信

1月18日号

東京国税局長から表彰

納税貯蓄組合浅木会長

東京国税局長から表彰

1月18日号

中学生、百人一首で熱戦

釜利谷地区

中学生、百人一首で熱戦

1月18日号

金沢文庫で運慶展

中村征夫 深海へ

中村征夫 深海へ

1月18日号

磯子区の商店街朝市

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

NPO法人の基礎を学ぶ

NPO法人の基礎を学ぶ

活動支援センターが講座

2月19日~2月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク