金沢区・磯子区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

著・寺田透 河出書房新書 物語でめぐるわが街 『わが横濱』文・協力/磯子図書館

寺田が子どもの頃泳いだ海水浴場あたりの現在の様子
寺田が子どもの頃泳いだ海水浴場あたりの現在の様子

 寺田透(大正4年〜平成7年)は昭和・平成期の文芸評論家で、著書に「道元の言語宇宙」「私本ヴァレリー」等、訳書にバルザック「谷間の百合」があります。

 小学3年生で関東大震災にあうまで西区に住んでおり震災後、一家で根岸に。以後、磯子区内で転居し、晩年まで磯子に居住していました。この「わが横濱」は彼の横浜に関する記述などをまとめたもので、自身の鉛筆デッサンによる思い出の光景8点も掲載されています。

 家族で命からがら逃げた関東大震災のこと、小学校のとき西区の家から市電の海水浴用の回数券を使い、毎日のように磯子の海岸に来て泳いでいたこと、横浜の、磯子の昔の姿がわかります。

 「横浜市電」という文章では、市電の最後の日が描かれています。東京に出掛けた帰り、最後の電車に乗ろう、見ようという人でにぎわう桜木町駅前から、最後から2〜3本前の電車に乗ったところ、その電車には仕事帰りの人などが10人ほどいつもどおりの様子で乗っていて、親愛を覚えた、最後だからゆっくり本でも読みながら帰りたいという願いがかなったと語っています。

 彼は根岸湾の埋め立て、市電の廃止など横浜が、変貌しつつあることを嘆いています。区制90周年を迎えた磯子をもし彼が見たら、いったいどんな感想を持つでしょうか?
 

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

果物の頭はどこ?

金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

果物の頭はどこ?

2月15日号

富岡に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

富岡に残る戦跡

2月8日号

物語でめぐるわが街

著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

物語でめぐるわが街

2月8日号

野島に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第20回

野島に残る戦跡

2月1日号

区別するポイントは「果実」

金子さんの草花の不思議発見第8回 サザンカとツバキ

区別するポイントは「果実」

2月1日号

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク