金沢区・磯子区版 掲載号:2017年11月23日号 エリアトップへ

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第16回 人々を魅了した別荘地・富岡 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

掲載号:2017年11月23日号

  • LINE
  • hatena
慶珊寺前の十二天松方正義別荘跡石碑
慶珊寺前の十二天松方正義別荘跡石碑

 横浜開港に伴い、明治7年(一八七四)中村橋〜八幡橋間の運河開削工事が完成し、横浜港から一気に根岸湾に出て富岡、金沢に至る舟運が完成する。これにより明治10年(一八七七)から20年頃にかけて富岡に、伊藤博文が仮住まいをしていた隣接地に井上馨が別荘を構え、三条実美、松方正義、大鳥圭介、田中不二麿など明治の元勲と呼ばれた人たちが競って別荘を建てた。夏は富岡で閣議が開けたという話もうなずける。

 のどかな入江と閑静で風光明媚な富岡は一躍、活況を呈する。三条実美は明治21年(一八八八)、クツモの浜に別荘を建て富岡海荘と名付けた。富岡の自然を愛した実美はこの別荘を中心に本牧から観音崎にかけての海岸線の風景を明治22年に画かせたのが富岡海荘図巻(横浜開港資料館所蔵)である。今は失われたかつての美しかった海岸線をこの図巻でしのぶことができる。

 しかし鉄道の開通によりこうした別荘は、交通至便な鎌倉逗子湘南方面に移っていくことになる。大正時代には文人の方々が別荘を構えた。日本画の川合玉堂、直木賞にその名を残す直木三十五も富岡に滞在した。

 人々を魅了した美しい海岸線も昭和40年(一九六五)から始まった横浜市六大事業の一環として金沢地先埋立工事によりその姿は永久に失われることになる。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク