金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月7日号 エリアトップへ

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第17回 県立金沢文庫と大橋新太郎 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

掲載号:2017年12月7日号

  • LINE
  • hatena
神奈川県立金沢文庫旧館(県立金沢文庫所蔵)
神奈川県立金沢文庫旧館(県立金沢文庫所蔵)

 鎌倉幕府滅亡後、金沢文庫の収蔵品は称名寺が保管してきた。時の権力者が貴重な資料を持ち出した記録もある。

 明治30年(一八九七)、総理大臣伊藤博文が金沢文庫再生を図り境内の大宝院敷地内に石倉と書見所を建てさせたが、大正12年(一九二三)の関東大震災で倒壊した。

 昭和3年(一九二八)神奈川県の金沢文庫復興の意図に大橋新太郎が賛同し県と同額の五万円の負担を申し出て神奈川県立金沢文庫が設立されることになり、昭和5年(一九三〇)開館した。この際の契約書には、金沢文庫を県の経営とし永久に維持する内容の一文がある。金沢文庫開館後も陳列棚類、備品に関わる代金千円など金沢文庫の活動に貢献した。

 大橋新太郎は新潟県長岡市出身、父佐平が東京で創業した出版社博文館を継ぎ大きく発展させ、また他の事業にも参画して大資産を形成した。称名寺の東隣に別荘を持ち金沢を愛し、金沢区の中心部となる泥亀新田を買い取り、金沢三山に百観音の石像を奉安配置、金沢山の頂に八角堂を建立、須磨子夫人の名で鐘楼を寄進するなど称名寺・金沢文庫以外にも区内に多くの足跡を残している。

 平成2年(一九九〇)県立金沢文庫は創設の地に新館が完成し、国宝・重要文化財を含む貴重な資料が保管管理され現在に至っている。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

社の姿勢と目標が合致

SDGsパートナー新規認定【4】

社の姿勢と目標が合致 社会

金沢区 神奈川保健事業社

7月2日号

子育てって、楽しい♪

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

6月25日号

食用部は葉の変化

金子さんの草花の不思議発見!第43回 オニグルミ

食用部は葉の変化

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

6月25日号

変化に富んだ花の色

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ

変化に富んだ花の色

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

4月30日号

年々耐寒性が強くなる

金子さんの草花の不思議発見!第41回 ヒメツルソバ

年々耐寒性が強くなる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 6月23日19:45更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク