金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月7日号 エリアトップへ

デビュー 祝 20周年 ゆずの素めぐり 中区 横浜みなとみらい万葉倶楽部

掲載号:2017年12月7日号

  • LINE
  • hatena

 横浜が生んだアーティストゆず。始まりの場所をめぐり、彼らのわだちを辿ります。嗚呼、青春の日々を過ごしたふるさとにゴーイングホーム。

 ゆずといえば、ゆず湯。ゆず湯といえば、冬至…。そんな日本の習慣にあわせて、ゆず結成の1997年から毎年冬至の日(12月22日)に開催されていた無料ライブ。誰でも見ることができる代わりに当日まで会場が明かされないという遊び心満載のイベントで、近年はネット配信中心となっていたが、過去に横浜では大通り公園、臨港パーク、赤レンガ倉庫、横浜スタジアム、横浜にぎわい座で実施。ゆずっこにとって、冬至の日は「1年で最も昼が短く夜が長い日」以上に特別な日であるに違いない。

 その舞台の1つが、みなとみらいの温泉施設である「万葉倶楽部」。2013年、同館8F屋外デッキでのライブの様子がYouTubeで発信された。当日は雨が降り凍える寒さの中、撮影。ライブ終了後に外壁に書いてもらったサインは、新たなファンの聖地に。夏にはデッキで路上ミュージシャンのライブを開催するようになった。外壁のサインは「全力で保全に努めた」が、横浜の海風にさらされ、今ではほとんど消失。実は2人が書いてくれたサインは他にもあり大切に保管しているそうで「そろそろ館内に飾りたいですね」とマネージャーの笠井浩さん。ちなみに北川悠仁さんは最近のお気に入りスポットにあげ、ライブでも万葉倶楽部ネタが飛び出すほどの常連だとか。

 この冬至の日ライブが20周年の今年で終了となる。「ファイナルは横浜で」。地元の期待は高まっている。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク