金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

デビュー 祝 20周年 ゆずの素めぐり 中区 イセザキ・モール1・2St.

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena

 横浜が生んだアーティストゆず。始まりの場所をめぐり、彼らのわだちを辿ります。嗚呼、青春の日々を過ごしたふるさとにゴーイングホーム。

 雨ニモマケズ、風ニモマケズ―。毎週日曜日の夜10時から、横浜松坂屋前でアコースティックギターを片手に歌っていたゆずの2人。ここイセザキ・モールで行っていた「路上ライブ」がデビューのきっかけとなり、彼らの代名詞にもなった。 「『ゆず=イセザキ』のイメージになっていることが、本当に嬉しい」と笑顔で語るのは、イセザキ・モール1・2St.の加藤昇一理事長。同じように路上ライブを行う若者は他にも沢山いたが、「ゆずは何かが違っていた。当時から輝いていた」と振り返る。「好青年」「とにかく礼儀正しかった」と商店街の人たちが語る2人の印象は、ファンにも通じるところがあり、自主的にごみ拾いをして帰る姿に感心していたという。

 ”伝説のライブ”と語り継がれる1998年8月30日の路上ライブ最終日には、台風にも関わらず全国から7千人以上が集まった。商店街を埋め尽くす人だかりになったのはこの時と、初出場となった2003年紅白歌合戦の中継ライブ=写真=、そして横浜ベイスターズの優勝パレードだとか。そんな2大スターを称えて、松坂屋に掲げられた「WE LOVE ゆず☆横浜ベイスターズ」のライトアップはハマの思い出の風景だ。

 ゆずの幅広いファンを象徴するかのように老若男女、様々な人たちが行き交うイセザキ・モール。2人が「原点」と語るこの地で、街の人たちは今も温かく見守り、応援している。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

7月18日号

アンパンマンの世界を体感

MM21街区NEWS

アンパンマンの世界を体感

全天候型ミュージアムが開館

7月18日号

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

7月11日号

初恋の相手はコガネムシ

初恋の相手はコガネムシ

第31回ハス

7月11日号

新しい街で港の歴史伝える

MM21街区NEWS

新しい街で港の歴史伝える

MM玄関口の博物館

6月27日号

アジサイに蝸牛は似合わない

金子さんの草花の不思議発見!第30回 アジサイ

アジサイに蝸牛は似合わない

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

6月20日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

6月20日号

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク